top of page

あるお問合せに対する回答と本音


お知り合いの方に

お問合せというか

質問を受けたので

書いてみようかなと思います。


話を聞くと、その方はある程度

高性能な家づくりを

されている会社さんに

お仕事を依頼されているそうで

たまたま、お会いした際に

工務店さんに質問をしたら

こう言われたけど、どう思う?

とのことでした。


その時点で少し不信感を

抱いている?のかなと思いました。


しかし工務店さんにお願いすると

決めている方に

それは違いますよ!とか言えません…

不信感を与えると

良い関係で家づくりができないので。


私もまだまだ知らないことが多く

間違った認識が多くありますが

はい?という感じの内容で

正直、御施主さんが正しい!

と断言できるような内容でした。


本音の意見として

「暮らし方の工夫で

解決できる内容です!」

とお伝えしたかったのですが


とりあえずは

言葉を濁して

可能性はあるかもですねと

お答えしました。


高性能住宅で

実際に住んでみると

わかるのですが

暮らし方で家の温度や湿度の管理が

大きく変わってきます。


またどのような設備を

採用するか

どう使うかも重要です。


しかし双方の意見を

聞いていないことや

どんな考えでそういう回答に

なったのかは

わからないので

違う!とは言えませんね。


私の場合ですが

お客さんにこれ大丈夫ですか?

とか聞かれると

本当に問題が無い場合は

理由をお伝えし

安心してもらうようにしています。


しかし疑問点が浮かぶと

調べてからご回答するように

しています。

また、どのような可能性が

あるかなどまで

話をするようにしています。


でも結構面倒な作業で

時には数時間、

数日以上考え込んだり、

色んな方と相談したりする日々。

協力業者さんには

考えすぎ!とか

細かすぎ!と

指摘されることも多々…


しかし、細かいことが重要で

クレームを出して

信頼関係を失うと

何もかもうまく行きません…


住宅は人間の体と同じで

めちゃくちゃ複雑です。

色んな要素が深く関係しており

絶対に大丈夫ということはありません。


難しいですが

でも面白くもあります。

しかしそれ以上に

悩んで苦しいことも多いです。


しかし喜んでもらえること

達成感は半端じゃなく

大変ですがやりがいのある職業だと

思います。


今日は役立つ内容ではありませんが

この辺りで失礼します。


高性能な家づくりを楽しくまじめに考える!

ハウス工房ふくだ 東川 明広


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

工事の御見積作成について①

昨日は長雨で 長崎市では土砂崩れも あったみたいですね。 雨の日は湿度管理対策を 行うことで 家の中のカビや菌の 繁殖が軽減できます。 ちょっとしたことですが 方法を間違えると 浴室や脱衣室、洗濯機内部に カビが発生します。 でも定期的な掃除が大切ですね。 今日は家づくりの 御見積について 少し書いてみたいと思います。 長くなるので 今回は2部構成で書いてみます。 ざっくりですが 御見積作成までの

大工さんの担い手問題

暖かい日が続いていますね。 移動中のラジオで大工さんの 話題が流れてきました。 かなりリアルな内容だったので 書きたいと思います。 2020年国勢調査の報告 大工さんの人口が約30万人 過去20年間で約半分まで減少 1990年の15~19才 大工さん人口は1万6,700人 2020年は2,100人 現在の30才未満は全体の7%未満 65才~69才は全体の16% このような情報を聞いたときに とても

Comentarios


bottom of page