top of page

お客様の知識がすごい…


こんばんは。

いつもはテーマを決めて

ブログを書いていますが

今日はふと感じた思いを

書いてみます。


最近、お問合せや

着工物件で遠方の方が

多く、移動時間があります。

昨日は東彼杵、今日は鹿島市

だいたい50分くらいの移動距離。


この移動時間が案外、

考えことや

どうやったら家のお悩みが

きれいに仕上がるかな?

お客様にとってベストかな?

どうやったら費用を抑えれるかな?

など考える時間ができます。


この移動時間で

ふと感じたことと言うか

発見がありました。


最近、お問合せのお客様の

建築の知識や技能が一般の方と

思えないくらいハイレベルで

ご自宅の図面を綺麗に書いた

物をご用意してくださったり、

図面や写真がないと説明しても

わかりにくいような納まりなどを

電話や口頭で伝わるようなことが

多々あります。


最近は、お客様から建築のことで

色々なことを教えてもらったり、

学ぶきっかけを作って

もらうことが多く、

有難いなと思いながら

自身の成長のきっかけ作りを

してもらっています。


私は建築業界で働きだして

約16年くらいになりますが

まだまだわからないことが多く

知ったかぶりはしないように

しております。

わからないことがあれば

お客様にでも教えてもらったり

自分で調べたりなどしています。


この業界は毎年、色々な情報更新

技術の変化など、さまざまな対応に

追われています。


また、大工さんの仕事や納まり。

電気、水道設備、左官工事、瓦工事、

基礎工事、板金工事、塗装防水工事、

… まだまだたくさんの業種が

ありますが、学ぶことが多く、

個人の知識や力だけでは

一軒のお家を大切に

管理することはできません。


関連業者さんと連携して

お客様のお家のメンテナンスや

何かあった時のサポートを

させていただいております。


そのためには現場の声、

臨機応変な発想、対応が大切で、

耐久性、耐震性など性能のことや

様々なリスクなどを想定し

学んだ知識を活用し

ご対応しております。


現場の声は大事なのですが

職人さんの意見を

すべて鵜呑みにするのは

かなり危険だと思っています。


職人さんによって

タイプは違いますが、

なるべく手間がかからないように、

素早く仕事をするか、

という考えの方が

多い傾向にあります。


それなので現場の管理をする際には

現場の知識がかなり重要で

現場のことがわからない営業の方や

現場管理の方は職人さんが大丈夫と

言ったから大丈夫!という判断で

工事を進める場合があります。


なので自身の現場経験を活かしつつ

お客様のハイレベルな知識や

ご意見に対して、完璧ではありませんが

丁寧にご対応させていただいきながら

色んな事を学ばせていただいております。


これからも厳しいご意見を含め

自身の成長のためにも真摯に

取り組んでいくつもりでいます。


今日はためになる情報はありませんが

この辺りで失礼します。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広



閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大工さんの担い手問題

暖かい日が続いていますね。 移動中のラジオで大工さんの 話題が流れてきました。 かなりリアルな内容だったので 書きたいと思います。 2020年国勢調査の報告 大工さんの人口が約30万人 過去20年間で約半分まで減少 1990年の15~19才 大工さん人口は1万6,700人 2020年は2,100人 現在の30才未満は全体の7%未満 65才~69才は全体の16% このような情報を聞いたときに とても

あるお問合せに対する回答と本音

お知り合いの方に お問合せというか 質問を受けたので 書いてみようかなと思います。 話を聞くと、その方はある程度 高性能な家づくりを されている会社さんに お仕事を依頼されているそうで たまたま、お会いした際に 工務店さんに質問をしたら こう言われたけど、どう思う? とのことでした。 その時点で少し不信感を 抱いている?のかなと思いました。 しかし工務店さんにお願いすると 決めている方に それは違

bottom of page