top of page

またまたですが、訪問業者にご注意!


本日は8月の台風で

火災保険を利用した

修理に伺いました。


9月に依頼があり、

応急処置で対応。

家に全く支障がなかったので

しばらくお待ちいただいておりました。


今年は台風が1つ上陸しましたが

火災保険の依頼が意外と多く

驚きました。


もし強風や雪などが原因で

雨漏りや家のどこかに

ダメージがあった場合は

自分で修理をしないで

業者さんにご依頼ください。


火災保険で対応できる場合が

あります。


保険の内容次第ですが

満額修理代が出ることが多いです。


保険の申請に必要な書類は

弊社で作成しております。


私は大工としても活動しています。

家の修理は得意分野なので

お任せください。


では本題です。


昨夜、問い合わせがありました。

昔からお世話になっているお客様で

屋根の漆喰が割れているから

調査した方がいいですよ!と

何日も訪問業者来るので

気持ちが悪いから

見て下さいとのことでした。


これで今年も4回目です。

会社名は書きませんが

この手の訪問業者さんには

本当にご注意ください。


OBのお客様から今年で4回なので

どんだけの物件に訪問してんのかな…


明日にでも現地調査に

お伺いしようと思いますが

基本的に何も問題がない

場合がほとんどです。


訪問業者さんが屋根に

登ると、屋根の漆喰などを

壊されて、写真でここが

悪いからと修理の

見積をしてくれます。


そして今月中に工事をすれば

値引きします!というパターン。


昨年、訪問業者さんの

御見積をお客様から

見てほしいと依頼があり

明細をみると

工事内容に対して、

妥当な工事金額でした。


おそらくですが

きっかけを作り、

顧客開拓しているのかと。


私の好きな言葉の一つで

「お天道様は見ている」


悪事は必ずバレます。


真っ当な人間として

日々の生活、お仕事を

頑張っていきたいと思います。


今日はこの辺りで…


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川明広










閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

工事完了後の感想。

最近ちょっとだけ寒い… よくわからん季節です。 今後も冬対策も重要ですが 暖かい季節に冷房を 使わないようにするかも 大切なような気がします。 しかし湿度が邪魔をします… その辺りを注意すると カビ問題が解決します。 高性能住宅って暮らし方が 今までと少し変わります。 でも快適なのは間違いありません。 先日、先進的窓リノベ2023年で お世話になったお客様のお宅へ訪問。 引違いの内窓の外れ止めねじ

大工さんの担い手問題

暖かい日が続いていますね。 移動中のラジオで大工さんの 話題が流れてきました。 かなりリアルな内容だったので 書きたいと思います。 2020年国勢調査の報告 大工さんの人口が約30万人 過去20年間で約半分まで減少 1990年の15~19才 大工さん人口は1万6,700人 2020年は2,100人 現在の30才未満は全体の7%未満 65才~69才は全体の16% このような情報を聞いたときに とても

bottom of page