top of page

ダニ対策まだ間に合います。

更新が遅くなりました…


最近少しづつ

窓改修や夏の暑さ対策の

依頼が増えてきています。


夏の暑さは窓の外で

日差しを遮ることで

大幅に改善されます。


後は天井の断熱材を

厚くする。

天井の気流止めも大切です。



いよいよ梅雨に入ります。

梅雨に入る前に寝室など

ほこりやダニが発生しやすい

部屋の掃除をされることを

おすすめします。


ダニは20℃~30℃

湿度が65%あたりになると

繁殖に適すると言われています。


雨が降ると室内の湿度が

60%を超えてきます。

窓を開けたり

何も対策をしないと

70%を超えてきます。


室温は冷房を入れても

ダニの適温になるため

湿度の管理が重要です。


それ以外に出来ることとして

掃除をすること。


特に寝室はほこりが

溜まりやすく

子育て世代の方は

布団が多いかと思います。


繁殖しやすい理由として

布製品が多いこと。


カーテンレールの上や

給気口やエアコンのフィルター


掃除する手順としては

高い所から掃除をし

最後に床を掃除すると

良いと思います。


余談ですが

エアコンの冷房運転を切ると

送風運転になるかと思います。


電気代がもったいないと思い、

つい消すことが

あるかと思いますが

これは止めた方が

良いとのことです。


エアコン内部を

乾かすこと作業を

しているそうです。


乾かすことを

強制的にやめると

エアコン内部にカビが

増殖しやすい環境になります。


エアコンの機種によっては

熱で掃除する機能が

付いています。


富士通ゼネラルさんや

日立さんにはそのような

機能が付いています。


自宅では富士通ゼネラルさんの

ノクリアを採用しています。


2~3日に一回程度は

加熱除菌をしています。


フィルター掃除の際に

内部を見ましたが

比較的綺麗な状態だと思います。


あとは汚れた洗濯物は

洗濯かごに入れ

洗濯機を運転する前に

洗濯機へ投入すると良いです。


濡れた洗濯物を長時間

洗濯機に入れることで

洗濯層内部のカビ繁殖

洗濯機本体の汚れが

改善されます。


今日も短い文章ですが

以上になります。


高性能な家づくりを

楽しくまじめに研究する!


ハウス工房ふくだ

東川 明広



閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨時期の湿度管理が難しい…

先週ですが 新築住宅の引渡しが完了しました。 いつも思うのが 引渡しが終わると とても寂しい気持ちになります。 リフォームも同じで 短期間でも形の残るお仕事です。 リノベーションや 新築では引越しが付き物です。 基本的に引越しのお手伝いまで 工事の一環として やらせてもらっております。 また、引渡し後に 壁にフックや鏡、 壁付扇風機などを 付けたいとうご要望も 私の方で無償で させていただいて お

外張り断熱は高い?②

更新が遅くなりました… それにしても暑いですね。 今日はアウターシェードで 日射遮蔽をしつつ 窓を開けて仕事へ 出かけましたが 帰宅時は28℃近くありました。 先に帰宅している家族が 生活をしているので 多少の温度上昇が あると思いますが エアコンをつけました。 晴れた日は窓を開けても 湿度が60%以下のため 個人的には 窓を開けてもいいかなと 思っています。 後日書きたいと思いますが 梅雨前の今

外張り断熱は高い?

今日のテーマですが 少し専門的な話になるため 人によっては 面白くないかもしれません。 個人的には好きな内容なので 2部構成で記載します。 ※長くなるので、 細かい用語の解説は 省略させていただきます。 先日のことですが お客さんと話をしていると 外張り断熱の話になりました。 結構高いと聞きましたが どのくらいするのでしょうか? この問いに対する答えですが 皆さんの想像より安いと思います。 その方

Comments


bottom of page