top of page

中古住宅購入のポイント②

今日は諫早市のキッチンの

組立て工事を行いました。


今回はお客様のご希望により

「タカラ」さんの

キッチンになります。


後日アップ出来ればと思います。


昨日のブログを読み返していると

誤字や内容が曖昧なところがあり

一部書き直しました。


配信前に読み返すことを

しないといけないな…


昨日の内容は主に

「既存住宅状況調査」

別名「インスペクション」

についての内容を書きました。


では中古住宅を購入される場合

インスペクションをするべきか?


もちろんした方がいいです。


一般の方は中古住宅の

どこを見て判断すべきかは

わからないと思います。


おそらく一般の方は

立地や金額の判断を材料を別として

不動産屋さんの話を聞いて

ここはお得だ!とか

内装が少し綺麗だったり

間取りであったり

そのあたりかなと思います。


実際には見えないところが

かなり大切です。

小屋裏の状態。

床下の状態。

あと基礎の工法や

クラックがどの程度か?

※クラックとはコンクリートのひび割れです。


基礎に鉄筋が入っているか?

ちなみに土地建物の

全部事項証明書を

見ると建築された方が

住宅公社で借り入れをされている

場合は鉄筋が入っていると

判断できます。


これはプロでも知らない方が

多いと思います。


クラックがひどいと

地盤沈下などが考えられ、

床の水平が大きく

狂っていたりします。


また物件周辺の状況。

特に災害地域等も考えます。


屋根、外壁の素材、状態も大切です。

メンテナンス(ランニングコスト)が

掛かりにくい家か?


水道管の布設替えがされているか?

されていない場合は

宅地内の漏水が今後起こってくる

恐れがあり、将来布設替えの

費用も計画しておかなければ

なりません。


あと築年数も大切です。

簡単な目安が昭和56年6月以降の

物件か?

これには耐震基準の法改正が

からんでいます。

リフォームの補助金にも

大きく影響を与えます。


どうでしょうか?

これらのことが一般の方に

判断ができるとは思いません。


不動産屋さんのことを

悪く言うつもはありませんが

不動産屋さんは土地や家の管理

売買のお手伝いをすることの

プロです。


決して家の状況、状態など

細かい所はわかるプロでは

ありません。


今日はこの辺りで…


高性能な家を楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広



閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

外張り断熱は高い?②

更新が遅くなりました… それにしても暑いですね。 今日はアウターシェードで 日射遮蔽をしつつ 窓を開けて仕事へ 出かけましたが 帰宅時は28℃近くありました。 先に帰宅している家族が 生活をしているので 多少の温度上昇が あると思いますが エアコンをつけました。 晴れた日は窓を開けても 湿度が60%以下のため 個人的には 窓を開けてもいいかなと 思っています。 後日書きたいと思いますが 梅雨前の今

新年度スタート2024年問題

ここ数日で一気に 暖かくなり 日射取得が 不要な季節になりました。 これからは日射遮蔽といい 窓からの日差しをどう遮るかが ポイントになる季節です。 特に家の断熱気密性能が高いと 晴れた日は26℃~30℃になります。 実際に自宅では 20時ごろに帰宅すると 26℃を超えていました。 この時期は太陽高度の関係で 庇では日差しを遮ることが 困難なため、外付けシェードなどが おすすめです。 高性能住宅を

太陽光パネル、国がリサイクル事業者認可+省令準耐火について

寒暖差が激しいですね… 季節が1か月以上 早まっている気がします。 ここ数日体調不良です。 熱は無く、のどの痛み、鼻水、 くしゃみ、せき、頭痛 検査はしていませんが 人生初の花粉症とのこと。 内心、ホントかな… 今日のタイトルは 書きながら話が脱線したので こういうタイトルになりました。 環境省が使用済み 太陽光パネルから レアメタル(希少金属)や ガラスを取り出すといった 次世代リサイクル事業を

Comments


bottom of page