top of page

停電対策について

台風の報道を見ると怖かったですね。

幸いにも報道内容より被害は少なかったのでは

ないでしょうか?


今日は停電対策について書きたいと思います。


2年前だったでしょうか?

台風で停電した覚えがあります。


台風14号の報道がすごかったので、

また停電するなーと思い、停電に備えた対策を取りました。

実際に行ったことを書きます。


①早めにお風呂や食事など家事を済ませる。


食事は18時ごろに食べ始め、すぐにお風呂に入りました。

理由として、洗濯機や食事の片づけなどの家事を

電気があるうちに済ませたかったからです。

特に子供がまだ小さいため、家事も思うように進みません。

おまけに今回は家族全員がコロナのため、大変でした…


②冷蔵庫を開けないようにする。


冷蔵庫は最高のクーラーBOXです。

停電時は開けないような工夫が必要です。


実際に行ったことが水筒に飲み物を入れておく。

朝食は電気があるうちに作りました。

(冷めても食べれるもの) 卵焼きとかですね。


③前日から保冷剤を凍らせておく。


これも②と同じですが、保冷剤をクーラーBOXに

入れて、必要な食材を保冷しました。


④お風呂に水を溜めておく。


トイレ用ですね。最近のトイレは電気がないと

流せない物も多いです。

その場合は水を直接便器に入れて流すことで

対応します。


⑤オール電化のお家は給湯器のお湯を溜めておく。


停電するとお湯が沸かせないので

早めにタンクに補充する方がいいかと思います。


⑥カセットコンロやろうそく、ライターなど

しっかり準備しておく。


ガス給湯器も電気がないと機能しません。

つまりキッチンのコンロは使用できないことになります。

カセットコンロやろうそく、ライターなど事前に準備、常備

しておくことが大切です。


⑦最低でも太陽光発電は乗せておく。

将来的に蓄電池やそれに代わるものを準備する。


太陽光は停電時でも、発電中は一カ所コンセントが使用できます。

また、蓄電池は発電した電気を貯めて使用できるので安心です。



⑧充電式の物を準備する。


個人的に結構重要かと思っています。

特に扇風機などの暑さ対策。

なかなか停電時用で買うのは気が引けるので、

例えば、普段は充電式掃除機として利用し、

バッテリーを扇風機に使用したりなど、

最近は充電式が著しく発達しており、

保冷温庫などの商品もあります。

扇風機はあると便利かなと思います。

また、うちわも準備しておいた方がいいかと思います。

今回の台風は深夜に直撃予報でした。


他にもたくさんあるかと思います。

やはりこれからの未来は

太陽光発電と蓄電池や電気自動車などの

活用は必須になるかと思います。


弊社でも太陽光発電システムや蓄電池の取付実績があります。

ぜひご相談ください。


太陽光発電についても今後書きたいと思います。


高性能な家を楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日のお問合せの 続きになります。 物価高騰は数日前に書きました。 この事実は変わりません。 現状お見積りをしても 1か月先は仕入れ単価が 変わる可能性があります。 仮に原油高が下がったり、 円安になっても おそらく現状維持か人件費を 上げるために商品単価が上がる ことはあっても下がることは ないです。 じゃあ、家を建てたいけど どうしたらいいの?となります。 そこでインフレの世の中、 これからの

先日、住宅ローンや 光熱費について お問合せがありました。 これについて書きたいと 思います。 昨今のインフレの世の中、 値上りしていない物は おそらくないかと思います。 住宅の建築コストも 2年前と比較すると 大幅に上がっています。 2割増しくらいでしょうか。 建築コストは金額が大きいため 2割のコストアップは 工務店側にも大きな痛手ですが お客様にとっては ありえないくらい苦しい物に なります

bottom of page