top of page

塗装専門店の良し悪し


こんばんは。

先日、問い合わせがあり

雨漏りの修理に伺いました。


以前も少し書きましたが

セメント瓦への塗装は

リスクがあります。


雨漏り調査をしたところ

原因特定が困難で

さまざまな影響によって

雨漏りしていると

判断ができました。


そのうちの一つが

セメント瓦への塗装工事。


昨年の7月頃にとある

塗装専門店さんに

工事をしてもらった

らしいのですが

それ以来、

わずかですが雨漏りが

したため、調査の依頼を

受けました。


屋根はしっかりと丁寧に

厚めに塗料が

塗られていました。


良かれと思って

施工されたようですが

瓦の種類によっては

水が抜ける道を

塗料によって

ふさいでしまい、


長雨や横風がひどい日に

わずかに入った

雨が抜けきれずに

雨漏りの原因に

なったのではと

思っています。


また、2次防水である、

屋根の防水紙も

かなり痛んでました。


対応方法として

屋根の取替えをするのが

手っ取り早いのですが

せっかく綺麗に塗装された

瓦を取替えるのは

あまりにも気の毒で

さすがに取替えましょう!

とは言いにくく、

お客様もそれを

望んではいませんでした。


費用が少し掛かりますが

部分的に原因らしきものを

やっつけていく。


もちろんそれによって

雨漏りが止まる保証は

できませんが

止まれば幸い。

止まらなければ

別の方法や対策を

考えるしかありません。


今回は雨漏り箇所周辺の

瓦をはぎ取り、

本来雨が抜ける部分に

付いた塗膜を

撤去し観察経過。


赤い部分に

塗膜がびっしりと

付着しており、

長雨や横風によって

侵入した雨が

抜けにくくなったのが

原因の可能性と

判断しています。




結果論ですが

塗装で掛かった費用に

+αの費用で

瓦と防水紙の取替を

その時にできていたら

雨漏りの調査や

雨漏り修繕工事費を

しなくてもよく、

長持ちで安心な屋根に

なったのかなと思います。


タイトルに書いたように

「塗装専門店」の良し悪し。


家の総合的な判断、

ご提案ができない点が悪い所で

(もちろんできる塗装業者さんもいるとは思います)


良い点は工事費が安くなる点


でも結果として、

費用が高くなる例が

今回の事例です。


少しでも費用を抑えたいのは

誰でも同じです。


しかし既存住宅の維持管理や

メンテナンス方法の選択は

判断が難しく、家の構造や工法、

色んなことが原因で

事故が発生します。


費用も大切ですが

総合的に維持管理が

出来るところに依頼するのが

ベストだと思います。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨時期の湿度管理が難しい…

先週ですが 新築住宅の引渡しが完了しました。 いつも思うのが 引渡しが終わると とても寂しい気持ちになります。 リフォームも同じで 短期間でも形の残るお仕事です。 リノベーションや 新築では引越しが付き物です。 基本的に引越しのお手伝いまで 工事の一環として やらせてもらっております。 また、引渡し後に 壁にフックや鏡、 壁付扇風機などを 付けたいとうご要望も 私の方で無償で させていただいて お

ダニ対策まだ間に合います。

更新が遅くなりました… 最近少しづつ 窓改修や夏の暑さ対策の 依頼が増えてきています。 夏の暑さは窓の外で 日差しを遮ることで 大幅に改善されます。 後は天井の断熱材を 厚くする。 天井の気流止めも大切です。 いよいよ梅雨に入ります。 梅雨に入る前に寝室など ほこりやダニが発生しやすい 部屋の掃除をされることを おすすめします。 ダニは20℃~30℃ 湿度が65%あたりになると 繁殖に適すると言わ

外張り断熱は高い?②

更新が遅くなりました… それにしても暑いですね。 今日はアウターシェードで 日射遮蔽をしつつ 窓を開けて仕事へ 出かけましたが 帰宅時は28℃近くありました。 先に帰宅している家族が 生活をしているので 多少の温度上昇が あると思いますが エアコンをつけました。 晴れた日は窓を開けても 湿度が60%以下のため 個人的には 窓を開けてもいいかなと 思っています。 後日書きたいと思いますが 梅雨前の今

Comments


bottom of page