外壁の種類について「塗壁」


塗壁についてメリット

デメリットをご紹介します。


メリットについて


①シンプルだけど味わいがあるデザイン


一番のメリットはデザイン性

だと思います。

見た目が美しく、シンプルで

外観のデザイン性を高めてくれます。

個人的に一番好きな外壁です。


②カラー、塗り方の種類が豊富

 

塗り方はさまざまな種類が

あり、(扇模様の仕上げ)

(刷毛引き仕上げ) (コテ仕上げ)

など10種類以上あります。

 

色は白系の種類が多く

ベージュやチャコール、

グレーなどの濃い色もあり

80種類程度のカラー

が選ぶことができます。


デメリットについて


①費用がが少し高くなる


サイディング張りと比較すると

少し高くなります。

工程が増えるのでしかたない

ですね。


②職人さんの技術が大切になる


塗壁はすべてが手作業

塗りの厚みやムラなどが

職人さんによっては

影響が出ることがあります。


③外壁の汚れが目立ちやすい


特に白系は雨だれなどが

目立ちやすいかと思います。

白は最初はとても美しく

デザインによっては

かわいい雰囲気

モダンな雰囲気など

表情豊かです。

汚れが目立ちにくい

グレー系などにすると

いいかと思います。



弊社でも塗り壁外壁

の施工をやっています。


弊社ではEPS断熱(発砲系断熱)

を使用します。


①付加断熱のため、

断熱性能がかなり上がります。

付加断熱に直接塗っていくので

他にもコスト削減になります。


②ひび割れなどがしにくい

従来のモルタル壁などと

比べると割れにくく

なっております。


これからは付加断熱が

必要な時代になってきます。

付加断熱をやることで

断熱等級7 HEAT20G3

の仕様が可能になります。


私の自宅を建てて

一番後悔しているのが

付加断熱をしなかったこと。

どうしても予算の関係で

できませんでした。

補足として

付加断熱EPSがめちゃ高い

という訳ではありません。

ウッドショック。木材や

資材の高騰の影響により

予想以上の値上がりで

断念しました。


しかしあきらめていません!

将来、必ずやります!

お金を貯めて、断熱リフォームを

しG3使用にしたいと思っています。


今日はこんな感じで

終わりたいと思います。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

おはようございます。 今朝の外気温12℃ 室温は23.9℃ 相対湿度53% 気持ちのいい朝です。 今回は板張り編 最近はなかなか 施工する機会が 無かったのですが、 施工としては 最も得意な分野です。 今回はちょっとだけ 私の話をしたいと思います。 私が建築業界で 修業をさせていただいた 会社さんが 無垢材が専門の会社です。 規模は違いますが 今でいうと「エコワークス」様 のように、自社で製材をし

新築やリフォームなどで 床材は何がいいかな… と考える機会があるかと思います。 だいたいのお客様は工務店さんが 準備してきたカタログや見本帳を もとに選んでいくことが多いかと思います。 今日は床材の種類や特徴を書いていきたいと思います。 床材の種類 複合フローリング 無垢のフローリング クッションフロア フロアタイル 長尺シート タイルカーペット 畳 コルク 他にもありますが、 様々な種類がありま