家のメンテナンスについて

台風の影響で最近、修理のお問い合わせが

増えてきています。


現地調査に行き、最近感じたことがあったので

それをネタにしたいと思います。


①家のメンテナンスをこまめにやられている家


②家のメンテナンスを全然やられていない家


この違いが台風被害後の修理に大きく影響します。

そんなの当たり前ですね、

何が言いたいかというと

①のお家は明らかに台風で被害にあったと

証明がしやすく、修理もしっかりとできます。

なぜしっかり出来るかというと、下地が適切な状態

で保てているためです。


②のお家は、経年劣化の要素が大きく、

台風被害と劣化の判断が曖昧になり、

保険に影響を及ぼします。

また、下地がぼろぼろだと、大規模修繕のため、

費用負担が大きくなり、応急処置で終わる場合があります。


結果、応急処置には限界があり、劣化の進行を加速させる

原因にもなります。


なかなか、こまめに家の修理にお金をかけれるほど、

余裕がある方は少ないと思います。

なので、出来れば積み立て修繕費を少額でもいいので

やられるといいと思います。

マンションなんかは管理組合で必ずありますね。


持ち家に住むからには必ず積み立てをされて下さい。

定期的にやる方が費用負担が少なく済みます。


お家の劣化対策のご相談も受けております。

お家のメンテナンス、健康診断ですね、

基本的に無料でやらせてもらいます。

いわゆる点検ですね。

もしメンテナンスをお願いする会社さんがない

場合はぜひご相談ください。

売込みはしません。基本的によほどな状況でない限り

工事はすすめません。

ご自身で対処できることはどんな風にしたらよいか?

などのアドバイスもします。


みなさんのお家の状態がどうしようもないくらい

劣化して、安く修理して下さい!と言われるのが

正直な話、胸が苦しいので、そんな状況になるくらいなら

ご自身でメンテナンス出来ることはしましょう!

アドバイスはできる限りご協力します。


高性能な家づくりをまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は補助金について 書きたいと思います。 10月末に1件の 性能向上リノベーション工事を 終えて、ひとまず 補助金の完了報告まで 終えました。 まだ正式な金額では ありませんが 110万ちょっとの 補助が許可されそうです。 この補助金の受付が 7月に終了したのですが 本日事務局より12月5日より 受付が再開されますと 連絡がありました。 詳細がまだわからないのですが おそらく予定されていた申請の

おはようございます! 現在AM7時 外気温9℃ 室温22.8℃ 相対湿度48% この秋初めて外気温が一桁に なったかと思います。 今のところまだ、暖房は 不要です。 日中も日射取得すると 室温は26℃を超えていきます。 今日のテーマも 新築でもリフォームでも 役に立つと思います。 システムキッチン編です! システムキッチンも メーカーさんによって グレードが2~4商品あります。 標準グレードと高級