top of page

家の定期点検


先週イエシロアリの大群を

見つけました…

シロアリの脅威を知ると

どうしても怖くなります。


道のあちこちで

車のライトめがけて

飛び回っています。


家に入れないこと。

予防対策をしっかり行うことを 

おすすめします。


本日は築3年目の住宅点検を

させていただきました。






点検内容


①換気関係のチェック

住宅には給気や排気など

換気を行うための設備があります。

今回の点検では

熱交換型の第一種換気

ヒアリングで定期的に

メンテナンスをしているかの確認。

お伺いしたお客様は

日頃から色々と助けてもらっており

毎年この時期に

一種換気の熱交換器/素子の

掃除をさせていただいております。


掃除機とエアダスターで

内部のホコリ等を除去。

時間にして約10分程度なので

今後は他のお客様も

掃除したいと思います。


ただ三種換気は数が多いので

手伝っていただけると

助かります。


一種換気の本体フィルターは

結構汚れているので

最低でも年に一回は

掃除をされてください。


自然給気口などは3カ月に

一回など説明書通りに

掃除をすることを

お勧めします。


ポイントとして梅雨前と後が

いいかもしれません。


②床下のチェック


床下に潜るため、

点検口の上にある荷物を

移動していただけると

助かります。


蟻道が無いか。

給排水の漏れ

カビなどのチェックを

しています。

家の大きさにもよりますが

時間は約30分程度


床の断熱工法にもよりますが

自社でホウ酸処理を

行った物件だったので

いつも以上に気を使います。


③外壁のチェック

防水層の不具合が無いか。

一階部分から目視で確認。


④内部の建具調整

開閉が多い建具は

調整が必要になります。


⑤その他必要に応じて。

ヒアリングを行い、

気になる点はチェックするように

心がけております。


敷地や家の条件によっては

雨樋に葉っぱがつまりやすいため

掃除をしたりなど。


基本的に点検に

費用は掛かりません。

1.2.3.5.7.10年 それ以降は

5年ごとになりますが

連絡をいただければ

コミュニケーションの一環として

点検をさせてもらっています。


とくに高性能住宅では

暮らし方の意見交換が

とても重要です。


参考になるかわかりませんが

私自身の経験も

お伝えしながら

少しでも快適で

耐久性を高められると

良いと思っております。


高性能な家づくりを

楽しくまじめに研究する!


ハウス工房ふくだ

東川 明広









閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨時期の湿度管理が難しい…

先週ですが 新築住宅の引渡しが完了しました。 いつも思うのが 引渡しが終わると とても寂しい気持ちになります。 リフォームも同じで 短期間でも形の残るお仕事です。 リノベーションや 新築では引越しが付き物です。 基本的に引越しのお手伝いまで 工事の一環として やらせてもらっております。 また、引渡し後に 壁にフックや鏡、 壁付扇風機などを 付けたいとうご要望も 私の方で無償で させていただいて お

ダニ対策まだ間に合います。

更新が遅くなりました… 最近少しづつ 窓改修や夏の暑さ対策の 依頼が増えてきています。 夏の暑さは窓の外で 日差しを遮ることで 大幅に改善されます。 後は天井の断熱材を 厚くする。 天井の気流止めも大切です。 いよいよ梅雨に入ります。 梅雨に入る前に寝室など ほこりやダニが発生しやすい 部屋の掃除をされることを おすすめします。 ダニは20℃~30℃ 湿度が65%あたりになると 繁殖に適すると言わ

Komentar


bottom of page