家の性能についてのお問合せ

更新日:11月4日


おはようございます!

毎日ブログを書いていると

今日は何書こうかな

と移動中や休憩中、ニュースなど

見ている時も無意識に

色々と考えています。

またまだ書きたいことは

あるのですが、衝撃的な出来事

などがあるとブログのネタについ…


HPやブログを見ていただき

お問合せがありました。

内容がマニアックでした。

すごく良い意味でマニアックでした。

ブログを書いててよかったなと

今後も頑張ろ!と思える日でした。


一般の方で専門用語や温熱の

話をできる方がいらっしゃるのは

YouTubeなどの

SNSのおかげだと痛感しました。


正直、自分より勉強をされている方で

励みになり、もっともっと

勉強しなきゃと自分を見つめ直す

きっかけをいただいたと思います。


建築の仲間と温熱の話をしても

「へぇー」みたいな方が多いので

話ができるだけで

すごく嬉しかったです。


以前も少し書きましたが、

住宅医協会様の授業を受講した時、

温熱の授業がありました。

どうしてもこれを受講したくて

1週間前からわくわくが

止まりませんでした。

事前に資料メールで届き、

ちょっとでも当日の授業に

追いつけるよう、予習をした

くらい、わくわくでした。


講師は岐阜県立森林文化

アカデミー辻 充孝先生

授業は5時間ほどありましたが

好きなことは時間が経過

するのが早いですね!

結露計算など様々なことを

学ばせてもらいました。


最後に質疑応答があり

その中の一人に一般の方が参加。

その方がおっしゃたのが

松尾先生の動画で勉強し、

辻先生のことを知り、

将来の家づくりのために

参加しましたとのこと。

参加した建築関係の方や

事務局の方も驚かれていました。

これに似たことが

身近であることに衝撃で

今日のネタにさせてもらいました。

すみません。そのくらい衝撃的でした。



正直、このインフレ(物価上昇)

がなければ、比較的、多くの方に

HEAT20G2(断熱等級6)

をご提供できたと思います。

ある方とも話をしましたが

G3もさらにハードルが

上がっています。


しかし、地球環境のため、

断熱などの高性能化が

さらに普及するために、

可能な限り、ご協力を

できればと思っております。


今日はこのあたりで失礼します。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広




閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

おはようございます。 11月17日(木)は 昼間、家の中に 日差しが入りませんでした。 その影響もあり、 帰国時の室温が23℃ 夜20時頃には 22℃まで下がったため、 実験的に暖房を 入れてみました。 床下エアコンは 効果が出始めるのに 時間がかかります。 2時間くらいすると 床がほんのり暖かくなり 室温の変化は差程なく 23℃前後 弱点はありますが 冬場の連続運転には かなりの効果があり 個人