家の耐久性を考える。②

屋根の耐久性。

前回は外壁部分の耐久性を

書きました。


屋根には瓦やコロニアル

板金屋根などの下に

防水紙が敷き込んであります。

この防水紙も

出来れば30年耐久の商品を

使うと良いと思っています。


一般的な

アスファルトルーフィングの

金額は1本

6000円~9000円程度

かと思います。

耐久年数は15年の商品です。


15年しか持たないの?


実際は設計強度の2倍程度は

持つと言われています。


例えばメーカーさんが10年保証を

する商品があると、20年くらいは

耐久性のあるものを作り、

10年は大丈夫!

という判断だと思います。


30年保証の耐久性の商品の場合、

60年耐久があるかは疑問ですが

少なくとも40年以上は耐久性が

あるのではないかと思います。


30~35坪の総二階建ての家の場合

大体、7~8本くらいでしょうか。

30年耐久の商品が1本30000円前後

約3倍~4倍の金額になります。


20万円前後の単価アップになりますが

一番耐久性が求められる屋根。

もし、屋根の防水紙を取替えるとなると

屋根を撤去しないと交換はできません。


極端な単価アップではないので

ぜひ30年耐久の商品を使うのを

おすすめしたいです。


あと、風(気流)の抜け道をしっかりと

作ることが大切です。

通気構法というものです。


「通気構法」(通気工法)の目的は、

壁体内結露を防ぎ木造建物の劣化

リスクを抑制する事により

耐久性向上を維持することにあります。


また、小屋裏の熱気など、抜け道が

必要になります。

しっかりと棟換気をとることが

大切です。


なかなか文章にするのが難しいですね。


通気構法と棟換気でしっかりと

気流の抜け道を確保し

なおかつ耐久性の高い防水紙を

使うことで木造住宅の結露軽減。

劣化進行が少なくなることで

あとからお金がかかりにくい

家になります。


今日はこの辺りで…


ちなみに現在、外気温が14℃

室温が24℃ 相対湿度49%

時刻はAM2時です。

二階の室温は25℃

今日はいつもより

暖かく過ごせています


長期の天気予報をみると

11月末から最高気温が20℃を

下回るみたいです。


おそらくそのあたりから

暖房が必要になるのかもしれません


暖房器具も開放型のものは

使わない方がいいですね。

石油ファンヒーターなど

ホルムアルデヒドが

発生するみたいです。

また、一酸化炭素など

屋内の空気を汚します。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川明広


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日も補助金について 書きたいと思います。 いきなり残念なお知らせですみません。 子供みらい住宅支援事業が 11/28/に受付を終了しました。 先週、この件について ブログにあげようと思い、 たぶん年内には 終了かな?と書こうとしてました。 しかし予想以上に早くて 少し驚きました。 新築の場合は ZEHベルズで100万と 結構魅力的な補助金です。 リフォームにも使えて 便利な補助金でした。 昨年も

今日は補助金について 書きたいと思います。 10月末に1件の 性能向上リノベーション工事を 終えて、ひとまず 補助金の完了報告まで 終えました。 まだ正式な金額では ありませんが 110万ちょっとの 補助が許可されそうです。 この補助金の受付が 7月に終了したのですが 本日事務局より12月5日より 受付が再開されますと 連絡がありました。 詳細がまだわからないのですが おそらく予定されていた申請の

更新が遅くなりました。 日曜に感じたことを アップしたいと思います。 日曜日は朝から 暖かい一日でした。 平日は日中は 家にいることが少ないため なかなか実際の状況を 体験できていないのですが 昨日は窓際に行くと かなりの熱を感じます。 9時過ぎに窓ガラスに 当たる直射日光の温度を 放射温度計で測定。 45℃~48℃とかなりの熱量が 窓から家の中に入っていました。 LDKの室温が 9時の室温が24