top of page

床下エアコンへの過度な期待


久しぶりの更新になりました。


長崎は久しぶりに雪が降っており

外気温も0℃を計測


おそらくですが朝方はもう少し

外気温が下がりますね…


ちょうど一年前に雪の影響で

諫早ではあらゆるところで

帰宅困難者が出ました。


私もその一人になりました。

暖冬でも九州は以外と寒いので

窓の強化、断熱改修は必須です。


では本題へ。


数日前にある方と話をする機会があり

床下エアコンを採用した物件で

床の表面温度が25℃で寒いと

施主さんから言われたそうです。


測定した時の外気温だったり

床の素材

エアコンの容量など

色々と条件はあると

思いますが、かなりいい感じでは…

と思いながらも

少し心配になったので

実際に自宅の温度を測定してみました。


測定した時の外気温が約7℃

床材は広葉樹「オーク」

エアコン容量は2.2kw(6畳用)

床下エアコンの設置場所付近で

表面温度は24℃


エアコンから離れた場所でも

表面温度は23~22℃程度の

温度ムラでした。


この文章を書いている現在の

外気温が0℃

床も少し温度が低く

床下エアコン付近で

表面温度が22℃


エアコンから離れた場所では

表面温度が19℃~21℃


木は密度の関係で

広葉樹よりも

針葉樹「杉、桧など」が

暖かくなります。


英語が苦手ですが

広葉樹は「ハードウッド」

針葉樹は「ソフトウッド」

と言うように

広葉樹は硬くて重く

針葉樹は柔らかくて軽い

木に含まれている

空気の量が違うために

冬は暖かく感じるみたいですね。


話がそれましたが

床下エアコンは

床暖房のように暖かくは

なりません。

床からとてもぽかぽかする!

ということもありません。


私の感想としては

床下エアコンで25℃は

成功していると思います。


ちなみに自宅では

家族全員が裸足で生活を

しています。


冬だけどスリッパや

靴下も不要です。


床がほんのり暖かく

床暖房よりも経済的で

家全体の温度ムラも少なくなります。


ただ採用する条件としては

家の性能を上げることが

とても大切になってきます。


断熱等級が6以上

出来れば6.5以上でないと

採用は難しいです。


基礎にも色々と工夫が必要で

エアコンの配置計画も重要です。




今日はこの辺りで…


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川明広











閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page