御見積依頼について①


おはようございます!


昨夜は半袖で過ごしました。

その前もでしたが。


現在の時刻が22時ですが

室温が25℃ 相対湿度55%

外気温が13℃なので

まだまだ秋といったところでしょうか?


今日から新たにリフォーム工事が

始まりました。中規模リフォームで

年内に完成できればと思います。


後日アップしたいと思います。


今日のブログのテーマは

何にしようかな?

と考えていた時、

ふと思いついたことが

あり書いてみます。


ちょっと愚痴っぽく

なりますが、たまにはいいかな?

これも私の個性として

お聞きください。


弊社は基本的に現地調査から

御見積提出まで

1週間以内を原則に

動いております。


そのために

協力業者さんにも

現地調査を依頼し

御見積提出を

早めにしてもらうように

話をしています。


特にちょっとした修理や

修繕の御見積に

お客様に1週間以上

待たせるのは失礼かと

思って動いております。


しかし近年は働き方改革のため

協力業者さんも

土日祝日休みのため

なかなか見積書が

手元に届きません。


催促をしないと10日も2週間も

対応してくれない業者さんも

いらっしゃるほど

仕事量と作業可能時間が

釣り合っていません。


もし私が一般のお客様なら

工務店からの見積もりが

2週間以上も来ないなら

他の業者さんにお願いしよう!

と考えると思います。


特に修理や修繕はなおさらです。


建築業界は今、新築工事など

あらゆる工事の着工棟数が

減少しています。


対応の早さが遅いと

それでお客様は離れていきます。

ここでいうお客様とは

工務店でもあり

一般のお客様でもあります。


先日協力業者さんの

展示会に参加しました。

正直、行くことのメリットは

ありませんでしたが

いつもお世話になっている

業者さんでしたので

担当者の顔も立てたいなと

思い参加させてもらいました。

手土産等ありがとうございました。


サッシ関係をメインで

されている業者さんですが

それなりに大きい会社さんのため

今後は水回りの方にも

力を入れていきたいと

いう内容で展示会を

されていました。


正直、俺らの仕事と

かぶってんじゃん!

どんなつもりで

工務店に展示会の参加を

誘ってんの?と思いましたが、

そこはさすがに言えませんね。


個人的には新たな業種に

チャレンジするよりも

工務店などの

協力業者さんの依頼を

素早く対応することで

見積依頼の成約率が

アップするのになと思い、

んー迷走してんな…

て感じで見ていました。


基本的に受注した仕事は

外注です。

売り上げや利益などは

残っていくので

会社としては

成り立っていきます。


これは私、個人の見解ですが

工務店(住宅の専門)以外の

業種の方が工務店みたいなことを

やることはお客様にとって

良いことなのか?

と思っています。


(別に自分たちの仕事取られるなど

危機感や焦りはありません。

むしろ今のお客様を

大切にしようと考えされられ

良い機会になったと思います)


理由はちゃんと将来に渡り、

お客様の家の維持、

管理がしっかり

できるのかな?


これには工務店側にも

責任があります。


利益や新規のお客様を優先に

アフターメンテナンスを

おろそかにしているのも

原因の一つです。


(他にも正しい情報の発信が

出来ていないなど

多くのことがあります)





今までは工務店対お客様

の流れが変わりつつあります。


例えば塗装専門店の普及

次に窓関係の業者さんが

窓専門店化。


そのうちに

電気工事専門店など

各業種対お客様と

いう流れが来るかと思います。


総合的にお家のことを理解し

判断し、維持管理出来る会社さん

なら問題ないと思います。

それは工務店側も同じです。


なので私が思うのは

会社として、代表として

お客様の家の管理が

出来ないのであれば

新規受注に力を入れず、

今いるお客様を大切にし

お客様の困ったにしっかりと

答えれるような会社が

いいなという結論で

現在は活動しております。


もちろん、会社の規模によって

維持管理の数は違ってきます。

ただ担当者が変わって○○様の

お家のことはわかりませんは

ないかな…と思います。


今日は長くなりました…

明日は御見積について

もう少し深掘りしたいと

思っています。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

二世帯住宅について 書いてみたいと思います。 弊社でも今年、一件二世帯住宅の 新築をお世話になりました。 2年前にも新築を させてもらいました。 二世帯住宅で 注意する点として どこまで二世帯として 共有するのか問題。 例えばお風呂やキッチン。 お嫁さんの好みもあります。 また、若夫婦と親世帯とでは 年齢や生活習慣が大きく 違います。 この仕事をしていると 色んな方と接する機会があります。 特に年