御見積依頼について②


おはようございます!


今日の帰宅時の1階の

室温が22.5℃

2階が23.2℃

寒くはなかったのですが

実験のチャンスかな?

と思い、床下エアコンでなく

2階にあるエアコンをつけて

室温の変化を測定してみます。


設定温度は25℃


18時にエアコンをつけて

20時に1階の室温が1℃上昇

2階は25℃


21時には1階の温度が23.8℃

まで上昇しました。

その後は0時までエアコンを

運転しましたが温度は

変わりませんでした。


シーリングファンなど

空気を拡散できる物が

あるともっと違うかと

思いますが、暖房は1階から

運転し家全体を温めることが

効率が良いですね。


ちなみに自宅では

あえてシーリングファンは

付けませんでした。

どうしてもつけたい

照明器具があり、

結果満足しています。


実験のため

今日は朝までエアコンを

つけっぱなしで行きたいと

思いますが

個人的な感想として

床下エアコンの方が

効率が良い気がします。


理由として

エアコンの大きさ(畳数)が半分以下

基礎コンクリートを温めるので

一度温まると温度が冷めにくい

乾燥しやすさも

床下エアコンのほうが

乾燥しにくい。

こんな感じでしょうか。


前置きが長くなりました。


昨日の続きで御見積書について

書きたいと思います。


弊社では基本的に○○工事一式という

曖昧な御見積はしておりません。

お客様もこの見積りはどこまで

工事内容が含まれているのか

わからない。とならないため。


特にリフォーム工事では

解体してみないとわからない

部分が多いので

工事の内容によっては

その旨をお伝えしております。

極力、あとからこれは見積に

入ってませんとか、お客様に

後から追加で負担がないよう

初めから解体後、追加や補強費用

が出るかもしれないとお伝えしています。


新築やリノベーション工事など

住宅ローンを組んで

住宅購入をされる場合は

資金計画が大切です。


住宅建築工事以外にたくさんの

諸経費が掛かってきます。


例えば家具家電にどの程度必要か。

土地建物の登記の費用。

銀行の融資に関する費用。

祭事(地鎮祭、上棟など)

他にも色々とありますが

総合的に計画することが

大切です。


今日はこの辺りで失礼します。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広


閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日も補助金について 書きたいと思います。 いきなり残念なお知らせですみません。 子供みらい住宅支援事業が 11/28/に受付を終了しました。 先週、この件について ブログにあげようと思い、 たぶん年内には 終了かな?と書こうとしてました。 しかし予想以上に早くて 少し驚きました。 新築の場合は ZEHベルズで100万と 結構魅力的な補助金です。 リフォームにも使えて 便利な補助金でした。 昨年も

今日は補助金について 書きたいと思います。 10月末に1件の 性能向上リノベーション工事を 終えて、ひとまず 補助金の完了報告まで 終えました。 まだ正式な金額では ありませんが 110万ちょっとの 補助が許可されそうです。 この補助金の受付が 7月に終了したのですが 本日事務局より12月5日より 受付が再開されますと 連絡がありました。 詳細がまだわからないのですが おそらく予定されていた申請の

更新が遅くなりました。 日曜に感じたことを アップしたいと思います。 日曜日は朝から 暖かい一日でした。 平日は日中は 家にいることが少ないため なかなか実際の状況を 体験できていないのですが 昨日は窓際に行くと かなりの熱を感じます。 9時過ぎに窓ガラスに 当たる直射日光の温度を 放射温度計で測定。 45℃~48℃とかなりの熱量が 窓から家の中に入っていました。 LDKの室温が 9時の室温が24