top of page

性能向上リノベ物件の引渡し

今年も大変お世話になりました。


本当にいろんな方のおかげで

ひとまず、今年も無事に終わること

できました。


今月無事に性能向上リノベ物件の

引渡しが終わりました。





外構完了後の写真を撮り忘れており

そのうち施工事例として

記載したいと思います。


屋根は既存のままです。


内部は和室や仏間などは

既存のままですが

ほぼ全解体で構造補強、

家全体の断熱気密処理を

行っています。


昔の居間がとても狭く、

脱衣所が無かったので

間取り変更をし、

問題解決をしております。



着工前の写真ですが

築年数が約50年

屋根以外はほとんど

手入れがされていませんでした。


9月中旬から工事を開始し

冬の時期に引渡し。

3週間ほど生活をされてみての

感想をお聞きしました。


「今までは朝起きると

すぐに暖房をしていたけど

暖房をつけんでもぬっか~」


「脱衣所も寒く無くて

お風呂が気持ちよくて寝てしまった…」


寝るのは本当に危ないので

気を付けてほしいと

お伝えしましたが

家の性能(断熱.気密.耐震)を

改善することで

光熱費削減、快適な住環境。

健康寿命が延びます。


地球にもお財布にも優しくなり

良いことだらけです。


家の断熱性能としては

外皮熱寒流率Ua値=0.65


耐震診断を行い

上部構造評点1.37

なっております。


※上部構造評点点とは

震度6強~7の地震発生を想定し

家屋の倒壊の可能性を

数値化したものになります。


0.7以上1.0未満

倒壊する可能性がある


1.0以上1.5未満

一応倒壊しない


1.5以上

倒壊しない


このような評価に

なっております。


補助金は先進的窓リノベ

こどもエコすまい

給湯省エネ事業を活用し

申請をさせていただきました。


上手に活用できれば

窓リノベで200万円


こどもエコで30~60万円


給湯省エネで5万円

とお得に住宅改修が

可能になります。


来年度も同様に補助事業が

予定されています。


他にも色々と

補助事業があるので

工事条件にあった補助事業を

ご提案いたします。


ただ単に綺麗にする

リノベーションは

どこの会社さんでも

工事することは可能だと思います。


しかし、耐震診断や

気密性の向上

断熱欠損を限りなく

ゼロにするためには

知識と技術が必要です。


また、それを現場の大工さんに

浸透させるのも重要で、

難しい部分になります。


気密部材も単に安いものを

使うと長持ちしませんし

施工精度も落ちてしまいます。


なかなかお見積書では

わからないところですし

気密性の重要性を

理解するには

実際に住んでみて体感できる

部分が大きいと思っています。


これも家主さんからの

お話ですが、数日前に

家に帰ると室温が13℃に…

寒い!今までと違う、どうして…

原因はキッチンの換気扇を

付けたままだったそうです。


気密性が向上すると

室温が安定し

家の換気計画がうまく働きます。

ただ消し忘れると

家の暖かいを流失し

室温が下がるので注意が必要です。


年始はお問合せのお客様への

ご対応からスタートします。

ご縁が繋がる出会いになればと

思っております。

その後は現地調査や修繕工事

断熱改修や新築工事の準備など

しばらくは忙しい状態です。


私生活では

朝から両家のお墓参りに。

あと私の大工の師匠のお墓にもご挨拶。


退屈そうな子供のご機嫌取りも

必要なのでゲームセンターで

ポケモン遊び。1ゲーム600円

月一回の行事です!



大なり小なり問題も抱えつつ

今年は充実した1年だったと思います。

来年も工事をお願いして

よかったと言われるように

精一杯ご対応できるよう

誠実に頑張りたいと思っております。



高性能な家づくりを

楽しくまじめに研究する!


ハウス工房ふくだ 

東川 明広



閲覧数:32回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ダニ対策まだ間に合います。

更新が遅くなりました… 最近少しづつ 窓改修や夏の暑さ対策の 依頼が増えてきています。 夏の暑さは窓の外で 日差しを遮ることで 大幅に改善されます。 後は天井の断熱材を 厚くする。 天井の気流止めも大切です。 いよいよ梅雨に入ります。 梅雨に入る前に寝室など ほこりやダニが発生しやすい 部屋の掃除をされることを おすすめします。 ダニは20℃~30℃ 湿度が65%あたりになると 繁殖に適すると言わ

外張り断熱は高い?②

更新が遅くなりました… それにしても暑いですね。 今日はアウターシェードで 日射遮蔽をしつつ 窓を開けて仕事へ 出かけましたが 帰宅時は28℃近くありました。 先に帰宅している家族が 生活をしているので 多少の温度上昇が あると思いますが エアコンをつけました。 晴れた日は窓を開けても 湿度が60%以下のため 個人的には 窓を開けてもいいかなと 思っています。 後日書きたいと思いますが 梅雨前の今

外張り断熱は高い?

今日のテーマですが 少し専門的な話になるため 人によっては 面白くないかもしれません。 個人的には好きな内容なので 2部構成で記載します。 ※長くなるので、 細かい用語の解説は 省略させていただきます。 先日のことですが お客さんと話をしていると 外張り断熱の話になりました。 結構高いと聞きましたが どのくらいするのでしょうか? この問いに対する答えですが 皆さんの想像より安いと思います。 その方

Komentáře


bottom of page