断熱等級6、7になると、どうなる?④


※東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前真之 作成資料を引用

おはようございます。

昨日は長与町の

屋根取替工事が

本格的にスタートしました。

後日アップしあたいと思います。


ちなみに色々と

古い家を調査する機会が

ありますが

古い家ほど

屋根の下地板が

合板系だと

下地の取替工事になります。

ほとんどの確率で…


屋根の下地板が

杉板と合板系の板とでは

条件にもよりますが

杉板は長持ちします。


一概に言えませんが

通気計画等、きちんと行うと

合板系でも長持ちすると

思いますが、実際の所は

わかりません…


通気構法でしっかりと

屋根に棟換気を取り付けた

合板系の下地板の家が

30年後どうなっているのか?

調査してみたいです。


話は変わりますが

最近思うのは

桁上断熱で気密と耐震性を確保し

屋根は杉板にすることで

耐久性、耐震性、気密性を確保し

トータルコストを抑えれるのかと

思っています。


何がベストかわかりませんが

学んだり、納まりを考えたり

どうやったら

施工性も良く、コストも

下げれるかと考えると

自宅もこうすればよかった

とか色々と考えさせられます。


他にも色々とメリットが

ありますが

あまり話すと長くなり、

技術提供にも

なりそうなので控えます。


では本題です。


昨日の続きを書きます。


今日の資料も

東京大学大学院

工学系研究科建築学専攻

准教授 前真之先生の 

作成資料を使わせていただきます。


※資料の記載には

許可をいただいております。

※東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前真之 作成資料を引用


※東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前真之 作成資料を引用


※東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前真之 作成資料を引用

一応昨日の表も添付しておきました。

新しく添付した表は

暖房エネルギーが

具体的にどの程度になるのかを

表したものになります。


ちなみに詳細は書きませんが

熱交換を採用している自宅。


2021.5月に暖房費の

シュミレーション単価を

表のKwh40円に換算すると

43195円になりました。

ちなみに当時の27円で

計算しています。

電気代の高騰が分かりますね。


結果を見比べると

前先生のモデルプランの

大きさなど詳細までは

書きませんが

自宅よりも外皮面積等

小さいため、

感覚的に誤差がそれほど

ないように感じます。


等級6の熱交換なしより

計算上安くなっています。


電気代などエネルギーの

高騰がこれからも

続いていくと思います。


初期投資ができる範囲で

無理のない支払い計画で

家の性能、日射取得の計画、

また、既存住宅の断熱改修等

やっていくことが

健康のためにも

いいかと思います。


現在の時刻がAM0.30

外気温が11℃

1階のLDK室温が24℃ 相対湿度50%


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広

 

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日も補助金について 書きたいと思います。 いきなり残念なお知らせですみません。 子供みらい住宅支援事業が 11/28/に受付を終了しました。 先週、この件について ブログにあげようと思い、 たぶん年内には 終了かな?と書こうとしてました。 しかし予想以上に早くて 少し驚きました。 新築の場合は ZEHベルズで100万と 結構魅力的な補助金です。 リフォームにも使えて 便利な補助金でした。 昨年も

今日は補助金について 書きたいと思います。 10月末に1件の 性能向上リノベーション工事を 終えて、ひとまず 補助金の完了報告まで 終えました。 まだ正式な金額では ありませんが 110万ちょっとの 補助が許可されそうです。 この補助金の受付が 7月に終了したのですが 本日事務局より12月5日より 受付が再開されますと 連絡がありました。 詳細がまだわからないのですが おそらく予定されていた申請の

更新が遅くなりました。 日曜に感じたことを アップしたいと思います。 日曜日は朝から 暖かい一日でした。 平日は日中は 家にいることが少ないため なかなか実際の状況を 体験できていないのですが 昨日は窓際に行くと かなりの熱を感じます。 9時過ぎに窓ガラスに 当たる直射日光の温度を 放射温度計で測定。 45℃~48℃とかなりの熱量が 窓から家の中に入っていました。 LDKの室温が 9時の室温が24