top of page

ほぼ断熱等級7物件進行中


最近は忙しくて更新が

おろそかになってしまいました…


毎日800字書くのは大変なので

短い文章で更新をしていくのも

ありかなと思っています。


ちょうど1か月ほど前から

新築工事の着工がスタート

しています。


かなり高性能で

私自身施工しながら

「よかなー」と思いながら

工事をしています。


私自身の最大の後悔

「付加断熱」

本当に羨ましいです。


電気料金が高騰するなか

これから家づくりを

検討される方は

優先順位を高めに

付加断熱をすべきと思っています。


ちなみに九州電力は

今回、値上げの発表は

ありませんでしたね。


だだ電気料金の補助が

10月以降はなくなるため

今年の冬も恐ろしいです。


着工物件の性能ですが

UA値=0.29と

ほぼG3(等級7)になります。


耐震等級3(許容応力度計算)


気密測定は来月頭に測定

どきどきです…

個人的な目標ですが

C値=0.1を目標に

テープ処理を頑張っています。

あくまでも目標なので

実際には最低でも0.5以下に

なればいいかと思います。


補助金も地域グリーン化事業で

しっかりと確保できました。


家主さんはものすごく

家づくりについて勉強をされており

私も知らないことが多く

色々と勉強させてもらいました。


たぶん現場の納まりや建築知識が

少ないとなかなか難しい内容では

ないかなと思います。


私はわからないことがあると

知ったかぶりをしないように

しています。


わからないことがあると

教えてもらったり

持ち帰って調べてたり、

講習を受けたりしています。


実際にお客様のおかげで

視野が広がったし、

JBTAの「劣化対策アドバイザー」認定試験

受講したり、

より一層、断熱気密の重要性、

施工技術や知識の向上のきっかけになりました。


しかしお客様も建築業界の方ではない

一般の方なので、施工的に問題のある

納まりの場合は別案を検討してもらったり

一緒に考えるようにしております。


まだまだスタートしたばかりの物件ですが

無事にお引き渡しまで

できればと思います。


工事中の写真など

ブログにアップしていきたいと

思っています。


今日はこの辺りで…


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広



閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

工事完了後の感想。

最近ちょっとだけ寒い… よくわからん季節です。 今後も冬対策も重要ですが 暖かい季節に冷房を 使わないようにするかも 大切なような気がします。 しかし湿度が邪魔をします… その辺りを注意すると カビ問題が解決します。 高性能住宅って暮らし方が 今までと少し変わります。 でも快適なのは間違いありません。 先日、先進的窓リノベ2023年で お世話になったお客様のお宅へ訪問。 引違いの内窓の外れ止めねじ

大工さんの担い手問題

暖かい日が続いていますね。 移動中のラジオで大工さんの 話題が流れてきました。 かなりリアルな内容だったので 書きたいと思います。 2020年国勢調査の報告 大工さんの人口が約30万人 過去20年間で約半分まで減少 1990年の15~19才 大工さん人口は1万6,700人 2020年は2,100人 現在の30才未満は全体の7%未満 65才~69才は全体の16% このような情報を聞いたときに とても

bottom of page