top of page

梅雨時期の全館空調の暮らし方


久しぶりの更新です。

梅雨の影響で工程管理が

非常に難しい時期になりました。


また湿度が非常に高く

湿気対策や管理するのが

大変な時期になります。


雨の日など湿度が高い時期は

窓の開閉は避けたいです。


全館空調の家に住んでみて

今年が2回目の夏になります。


この時期の冷房は

24時間運転をして

湿度を抑えるなどの

工夫が必要になります。


しかし夏の暑さが

本格的ではないせいか

朝にはエアコンを切って

外出することがほとんどです。


昨年はエアコンを

使用しない場合は

室内の湿気対策として

一般的な除湿器を

一台運転をしていたので

カビとは無縁の生活でした。


しかし今年は除湿器を運転せずに

外出する生活をしていると

わずかに浴室の土間に

黒カビ?みたいなものが

うっすらありました。


その場ですぐに

洗い落としましたが

やはりエアコンや

除湿器などで

湿気対策が必要だなと

改めるきっかけになりました。


この黒カビを放っておくと

浴室のコーキング部分に

深く浸透し

洗っても取れない

状態になります。


浴室の掃除もこまめにするのも大切です。

最近は忙しかったせいか

掃除も少しサボり気味だったのも

カビの原因の一つだと思います。


物価高や電気代の高騰で

つい、節電したくなります…


話は変わりますが

電気料金の補助が

9月分使用量まで

補助されます。


その影響もあって

昨年の電気料金と

ほとんど変わらない料金に

なっていると思います。


今年5月の電気料金が

267kwh 6.700円=25円/kwh


昨年5月の電気料金が

386kwh 9.393円=24円/kwh


ちなみに九電WEB明細では

今月の予想電気料金がわかるように

なっており、今月も

先月とほとんど変わらない使用量

になるみたいです。


オール電化で

この金額で家中が涼しく

生活が出来るので

断熱、気密性、日射遮蔽が

いかに大切かがわかります。


新築、既存住宅関係なく

まずは窓から対策をし

夏は日差しをカットする。

それだけでも電気代の

節約になります。


既存住宅は

窓リノベの補助金を活用し

補助金はでませんが

アウターシェード等の

日差し対策もおすすめです。


今日はこの辺りで失礼します。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川明広

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨時期の湿度管理が難しい…

先週ですが 新築住宅の引渡しが完了しました。 いつも思うのが 引渡しが終わると とても寂しい気持ちになります。 リフォームも同じで 短期間でも形の残るお仕事です。 リノベーションや 新築では引越しが付き物です。 基本的に引越しのお手伝いまで 工事の一環として やらせてもらっております。 また、引渡し後に 壁にフックや鏡、 壁付扇風機などを 付けたいとうご要望も 私の方で無償で させていただいて お

ダニ対策まだ間に合います。

更新が遅くなりました… 最近少しづつ 窓改修や夏の暑さ対策の 依頼が増えてきています。 夏の暑さは窓の外で 日差しを遮ることで 大幅に改善されます。 後は天井の断熱材を 厚くする。 天井の気流止めも大切です。 いよいよ梅雨に入ります。 梅雨に入る前に寝室など ほこりやダニが発生しやすい 部屋の掃除をされることを おすすめします。 ダニは20℃~30℃ 湿度が65%あたりになると 繁殖に適すると言わ

外張り断熱は高い?②

更新が遅くなりました… それにしても暑いですね。 今日はアウターシェードで 日射遮蔽をしつつ 窓を開けて仕事へ 出かけましたが 帰宅時は28℃近くありました。 先に帰宅している家族が 生活をしているので 多少の温度上昇が あると思いますが エアコンをつけました。 晴れた日は窓を開けても 湿度が60%以下のため 個人的には 窓を開けてもいいかなと 思っています。 後日書きたいと思いますが 梅雨前の今

Comments


bottom of page