top of page

樹脂窓か?アルミ樹脂複合窓か?その②

こんにちは、今日のブログ更新が少し遅くなりました。

昨日の続きを書いていこうかと思います!



窓の耐久性について…





樹脂は耐久性や対候性が弱いのではないのか論争があります。

現に私も数年前まではそう思っていました。

その認識が変わった出来事があります。


今まで気づかなかったのですが、「義理の父の家」は1ヶ所だけ

なぜか1ヶ所だけ…ん?窓の色が違う!これ樹脂だ!

義理の母に聞くと工務店さんがサービスしてくれたとのことです。

築25年くらいの木造ツーバイ工法で基本はアルミ単板ガラス窓

冬は「プチプチ」がガラスに貼ってある家です。


発見した瞬間、興味がふつふつと湧いてきて色々とお調査しました。


まずは方角!真東とまではいかないですが、隣地の条件も離隔距離が

取れていて、朝日がしっかり当り、昼間も日当たりの良い条件下でした。

樹脂サッシの経年劣化調査すると、25年前の商品とは思えない状態。

内側もかなり綺麗でした。

後日このブログに写真をアップします!


樹脂窓すごいな!今まで半樹脂窓の自分の考えが間違っていた…

今までのお客様に申し訳ないことしたな…申し訳ありません…


話は変わりますが、樹脂窓の樹脂の成分ですが

「塩ビ PVC」という種類で配水管や下水管の部品に使われる物です。

当たり前ですが、メーカーさんもしっかりと実証実験をしています。


一般の方がよくイメージされるのが、洗濯ばさみやプラスチック製バケツなど

紫外線でボロボロになるイメージを持たれています。


https://www.ykkap.co.jp/consumer/satellite/products_window/reliable_pvc-windows/


念のためにメリット以外もお伝えしておかなければなりません。


YKKさんのAPW330、430などの樹脂窓はガラスの取替が不可能となります。

つまり障子ごと交換となります。

そのため、メーカーさんも充実保証を付けてくれています。

樹脂窓は引き渡しより10年間保証ガラスの保証があります。

詳細はこちらへ https://www.ykkap.co.jp/consumer/support/warranty/


調べてないのでわかりませんがLIXILさんやシャノンさんなども

同じかと思います。


しかし快適性、性能面など考えると、やはり樹脂窓が良いと判断しています。

ただアルミ樹脂複合も高性能化しており、正直大差がないくらいにまで来ています。


YKK APW430 樹脂サッシカタログにて





LIXIL アルミ樹脂複合窓 カタログにて


LIXILさんは従来商品をリニューアルし樹脂窓との性能差を少なくしてきました。

じゃあアルミ複合でもいいじゃん!てなりますよね?


マニアックな話になり、一部省略しますがLIXILさんは窓のフレーム面積を小さくし、ガラス面積大きくすることで性能を上げています。

もちろん下枠の性能も上がってはいますが、下枠の結露問題を考えると

やはり樹脂が安全であると考えます。 

フレーム面積が少なくなることでデザイン性の高さはLIXILさんですけど。


でも樹脂窓も結露します!ほんとです!このことはまた後日アップします。


これからもますます窓の進化は続くと思います。

こんな感じで今後も役立つ情報を発信していきたいと思います。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広


閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんばんは。 たまたまネットニュースで 目に留まり、ブログのネタに してみました。 ちなみにAM3時半 現在の外気温がマイナス1℃ LDKの室温が20.7℃ 今日もかなり冷え込んでいます。 都道府県別電気料金の 値上がりランキングと いう記事がありました。 九州は現在、佐賀県玄海市の 玄海原子力発電所の3号機と 鹿児島県の川内原子力発電所の 1号機と2号機が稼働しているみたいです。 その影響もあり

今日は屋根断熱について書こうと 思いましたが、先日、 G2グレード(断熱等級6)の 新築住宅について お問合せがあったため ご参考になればと思い、 書いてみます。 ちょっとだけですが マニアックな話になりますが 断熱性能について 興味がある方に 参考になれば幸いです。 結論から書きます。 あくまで個人的見解です。 付加断熱なしの 断熱等級6は見直しが必要です。 ちなみに付加断熱なしの 断熱等級6が

こんばんは。 更新が少し遅れましたが 土曜日の分のブログを 書きたいと思います。 床の断熱工法について 基礎断熱編です。 基礎断熱工法の種類は 大きく分けて 基礎外断熱 基礎内断熱 の2種類があります。 基礎外断熱 メリット 熱橋が少なく断熱効果が高い。 熱橋とは文字通り熱の橋。 基礎コンクリートの 外側を断熱材で包みこむので 外気に触れる部分が基本的に 無くなるため、外気の熱が 伝わる部分(橋)

bottom of page