top of page

気密測定が終わりました。


気密測定

気密測定が無事に終わりました。

目標であった数値をクリアすることが

出来たため、個人的にも

お客様も満足する結果に。


今回は床断熱工法ということで

テープ処理や

一液の発泡ウレタン、

ボレイトシール(防蟻材)

を使用し隙間なく施工する

ことが出来ました。


目標はC値0.1

最低でもC値0.3~0.5が

でればと思っていました。


まず1回目の測定。

どきどきしながら

待ちますがエラーとなり

測定ができませんでした。


その時点でいい結果がでると

確信しました。


案の定、3回測定してもエラー

測定不可という結果。


気密が良いと測定が出来ない

という状況になります。


このままでは記録として

残せないので

15㎜くらいの丸い穴を開けて

再度気密測定。





結果、C値が0.13

再度測定しましたが

数値はほとんど変わらず

同じような結果になったため

今回はC値0.1という

結果になります。


気密工事は知識も

必要ですが

なによりも 

手間がかかります。


あと長期的に見て

専用部材を使用することも

大切です。


なぜ専用部材が必要かというと

長期的にみて、建物は揺れたり

経年劣化によって気密性も

劣化していきます。


専用部材は追従性があり

長期的に気密性を担保するため

初期投資として若干ですが

金額が高くなりますが

ここはケチっては

いけないと思っています。


床の点検口や天井点検口も

一般的な物では気密を取ることが

出来ないので注意が必要です。


ここで気密性の重要性を

少し書いてみたいと思います。


①効率の良い換気が出来る

気密性が悪いと

24時間換気など

住宅の換気設備を採用しても

きちんとした性能を発揮できずに

結露などの原因にもなります。


②防音性が高い

気密性が高いと隙間が少なくなるため

外の音が聞こえにくくなります。

日中は小雨程度だと

聞こえないため

雨降っとたと?と思う日が良くあります。

(窓の性能にも影響があります)


③冷暖房費が安くなる

隙間がなくなることで

冷暖房の効率がかなり良くなります。

合わせて断熱性能が高いと

夏冬の冷暖房時期は

「寒かけんドア閉めて!」

などのストレスが無くなり

快適に過ごせます。


他にも色々とメリットが

あると思いますが

気密性が高い家に住んでみると

本当に感動すると思います。



高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川明広








閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

窓の強化はどのくらい効果があるのか?

しばらく雨天が 続くようですね。 現在の外気温は16℃ 室温は23.6℃です。 本日は家が寒いから 補助金を使って窓を 強化したいと 依頼がありました。 お宅へご訪問すると この時期でも少し肌寒く 体感的に室温は18℃以下 毎年お正月が終わると 寒さと疲れで寝込んでしまい 歳を重ねるごとに 辛くなってきたと 相談を受けました。 窓を強化すると どのくらい暖かくなりますか? とよく質問されますが 既

Comments


bottom of page