窓の断熱性能

最近、面白い実験をしています。

平成元年の建物のリノベーション

工事をやっているのですが、

外気温と室内2カ所の気温と湿度

を測定しています。


今回性能向上リノベの工事ですが

大規模改修でないため、

LDK、玄関ホールなど

の窓の改修は行いますが、

天井、壁、床の断熱改修は

ほとんど行いません。

後日内窓等の工事を

する予定です。

そこで再度データを

取るように予定しています。


ぷちリノベみたいな感じです。

しかし補助金はしっかりと

出る予定です。


建物の天井、壁は昔の

50㎜のグラスウール。

床は発砲系断熱25㎜

断熱も隙間だらけの施工

その当時はこれが当たり前の時代

手直しできる部分はさせて

もらいました。


しかし、壁や天井の改修が

伴わないと正直無理があります。

床は予算があると改修は可能です。


話がそれてすみません。


今日、現場は晴れ、朝8時の

外気温は18.6℃ 相対湿度69%

1階のLDK

温度は18℃ 相対湿度68%

2階洋室 (1.2階共に同じ方角の居室)

室温17.3℃ 相対湿度68%

24時間換気なし


窓はアルミ単板ガラス

部屋は足場があるため、日当たりは

ありません。現在は工事中のため

人の生活もない状態です。

それでも外気温と室温の差がほとんど

ありませんでした。


ちなみに断熱等級6で樹脂トリプルの

家の場合、(人が生活しています)

夜12時 外気温13.8℃ 相対湿度69%

室温24.1℃ 相対湿度52%

全熱交換一種換気 

半袖半ズボンで生活してます。


条件は違いますが

これだけの違いが出てきます。

ちなみに放射温度計で樹脂窓の

枠と窓を測定してみました。

外側 枠12.5℃ ガラス11.9℃

室内 枠19.4℃ ガラス20.4℃


さらにマニアックになりますが

YKKさんの熊本工場に行った際

外気温0.8℃ 室温25.5℃ 湿度45.7%

この条件で各商品のデータがあります。

温度は室内側です。

アルミ単板ガラス

枠17.5℃ ガラス14.4℃


アルミ複層ガラス

枠17.5℃ ガラス19.3℃


アルミ樹脂Low-e複層ガラス

枠19.2℃ ガラス21.9℃


樹脂Low-e複層ガラス(アルゴンガス入)

枠22.3℃ ガラス22.3℃


樹脂ダブルLow-eトリプルガラス

(アルゴンガス入)

枠22.3℃ ガラス23.3℃


注目したいのが樹脂トリプルの

YKKさんのデータと実際の家の

データが類似していることかと

思います。もちろん条件は違います。


今日はかなりマニアックになりましたが

個人的には面白いし、性能が大切だと

実感できる話かと思います。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

おはようございます。 11月17日(木)は 昼間、家の中に 日差しが入りませんでした。 その影響もあり、 帰国時の室温が23℃ 夜20時頃には 22℃まで下がったため、 実験的に暖房を 入れてみました。 床下エアコンは 効果が出始めるのに 時間がかかります。 2時間くらいすると 床がほんのり暖かくなり 室温の変化は差程なく 23℃前後 弱点はありますが 冬場の連続運転には かなりの効果があり 個人