衝撃…電気料金の値上げについて…③



今回もタイトルと

内容が少し違いますが

昨日の続きです。


昨年の5月に

自宅の光熱費

シュミレーションを

やりました。


条件です。

長崎県諫早市では

断熱の地域区分が7地域

詳細はこちらになります


①断熱等級6

UA値0.46/HEAT20G2

冬は床下エアコンで全館暖房。

夏はエアコン一台で全巻冷房。

24時間連続運転です。

換気は全熱交換1種です。


②断熱等級4

UA値0.87/次世代省エネ基準

2025年度以降に住宅でも

義務化が予定されています。

夏はリビングにメインのエアコンを

1台。2階に3台設置し各部屋に

エアコンをつけて、間欠運転。

換気は全熱交換1種です。


ちなみにシュミレーションでは

断熱等級6と断熱等級4での

年間の光熱費の差が約7万円

単純計算で35年で245万の差が出ます。

(あくまでもシュミレーションです)


※ちなみに電気料金の値上げが

高くなるほど

この差額は大きくなります。

つまり家の断熱性能が良いほど

断熱性能の悪い家と光熱費の

差額が大きくなります。


さらに等級4ではエアコンの

設置台数が多いので

エアコンの寿命を

13年と想定すると

最低でも各室1回以上の

交換費とエアコン本体の

費用が掛かります。


1台取替えるのに、

設置条件によりますが、

およそ6万~7万でしょうか?

(6畳用) 


リビングに置くエアコン

(20畳用)は

最低でも2回以上の交換が

必要です。

概算ですが14万~18万でしょうか。


逆に等級6の全館空調の家では

エアコンは冬用と夏用の2台のみ


先ほどと同様、2台ともに

取替を2回以上


取替費や商品代は等級4と

比較するとお安くなります。

等級6は夏用は20畳以下

冬用も小さい畳数用で

計画できるためです。



等級6は16万×3台=48万

    7万×3台=21万

合計で69万円になる計算です。


では等級4です。

等級4と比較するため

同じ金額で計算します。

基本的にもう少し安くなります。


16万×3台=48万円

7万×7台=49万

合計で97万円です。


※2階にエアコンをつける場合はで

室外機を1階へ設置する場合

配管延長代が掛かります。


こんな感じでㇻンニングコスト

ってかなり高いですね。


では既存住宅はどうすればいいか?

ここが業者としての課題になります。


窓の改修は必須ですが、断熱は

気流止めの施工。

天井断熱も必須です。


次回、断熱工事をすることの

メリットを書きたいと思います。


ちなみに午前7時 11/1 

外気温14℃ 室内24.8℃ 相対湿度51%

暖房器具はまだ不要です。

築33年の実家は朝のみエアコンで

暖房を使用しています。

設定しだいですが、

先ほどの電気代の

シュミレーションでは

反映できていない

部分の電気代になります。

断熱が悪いと早い段階での

暖房費がかかりますね。


今日のブログを読み返すと

わかりにくいというか、

伝わりにくいです、

申し訳ありません。


今日はこれで失礼します。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は補助金について 書きたいと思います。 10月末に1件の 性能向上リノベーション工事を 終えて、ひとまず 補助金の完了報告まで 終えました。 まだ正式な金額では ありませんが 110万ちょっとの 補助が許可されそうです。 この補助金の受付が 7月に終了したのですが 本日事務局より12月5日より 受付が再開されますと 連絡がありました。 詳細がまだわからないのですが おそらく予定されていた申請の

おはようございます! 現在AM7時 外気温9℃ 室温22.8℃ 相対湿度48% この秋初めて外気温が一桁に なったかと思います。 今のところまだ、暖房は 不要です。 日中も日射取得すると 室温は26℃を超えていきます。 今日のテーマも 新築でもリフォームでも 役に立つと思います。 システムキッチン編です! システムキッチンも メーカーさんによって グレードが2~4商品あります。 標準グレードと高級