top of page

西日対策について


先日の展示会ではお世話になりました。

柱の抽選会では残念ながら

当選せず、申し訳なかったです…


つい最近までかなり暑い日があり

諫早市では最高気温が30度

今日は最高16度 最低10度と

体の対応がなかなかできません。


先週ですがお客様から

西日がきついので

何とかならないですか?

と相談を受け、現地調査をしました。


和風の家で軒もしっかりと

出ていましたが、

やはりアルミサッシ単板ガラス。


アルミは熱をダイレクトに室内に

伝えます。


内窓も検討しましたが

地盤が悪く、傾きがひどかったために断念。

対策として

西日には一番効果的な

「アウターシェード」で対応することに。


※アウターシェードについてはリンクを貼っています。


自分も5月半頃から10月頃まで

使用しているのですが

シェードを利用すると

冷房の効きが良く、弱点になる

窓の性能を補うことが出来ます。


冷房の効きが良くなることは

光熱費削減になります。


電気代節約、快適性の向上のためにも

お勧めしたい商品です。


よく外が見えなくなるんでしょ?

と聞かれますが

しっかりと見えます。

イメージとしては網戸が付いている

感じでしょうか。


しかし外からはほとんど中が

見えなくなるので

その点はメリットになるかもしれません。


何となく気になったので

西日の角度について調べてみました。


4/20時点の諫早市の太陽高度を調べてみると

16時から17時にかけて

太陽高度が35.21度~22.69度へ移動します。


確かに一般的な屋根の軒の出では

カバーできないレベルの角度です。


ちなみに冬至12/22日の

お昼12時の高度が

33.59となります。


つまり寒い冬の日当たりの良い時間の

高度で4/20の西日は家にアタックをしてきます。


これが真夏のお盆辺りの高度になると

8/13諫早市の16時~17時の高度は

38.14度~25.58度へ変化します。


夏の西日がなぜ暑いのか意味がわかりますね。


屋根の軒の出では対応が困難です。


プランによっても違いますが

西日対策、夏場の朝日など

対策が必要で

なるべく南面以外の窓のサイズは

小さくする必要があります。




高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する

ハウス工房ふくだ 東川 明広

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

外張り断熱は高い?②

更新が遅くなりました… それにしても暑いですね。 今日はアウターシェードで 日射遮蔽をしつつ 窓を開けて仕事へ 出かけましたが 帰宅時は28℃近くありました。 先に帰宅している家族が 生活をしているので 多少の温度上昇が あると思いますが エアコンをつけました。 晴れた日は窓を開けても 湿度が60%以下のため 個人的には 窓を開けてもいいかなと 思っています。 後日書きたいと思いますが 梅雨前の今

外張り断熱は高い?

今日のテーマですが 少し専門的な話になるため 人によっては 面白くないかもしれません。 個人的には好きな内容なので 2部構成で記載します。 ※長くなるので、 細かい用語の解説は 省略させていただきます。 先日のことですが お客さんと話をしていると 外張り断熱の話になりました。 結構高いと聞きましたが どのくらいするのでしょうか? この問いに対する答えですが 皆さんの想像より安いと思います。 その方

工事の御見積作成について②

今日は気合を入れて 久しぶりの連続ブログ更新です。 ちなみに過去には 毎日更新をしていました。 ただいつもブログを 書く時間は 早くて1時間 平均1.5時間程度の 時間がかかっております。 ただ、ブログ読んでますと 感想をいただくと なんだか嬉しくなり 書く内容に手が抜けないと 思いつつ気持ちを込めて 書かせてもらっています。 良かったら過去のブログも 見ていただけると 有難いです。 情報は日々変

Opmerkingen


bottom of page