top of page

訪問販売業者にはご注意!!


改めて書きたいと思います。


先週、お客様(Aさん)から

電話があり、

なんか不具合でもあった

のかな?と思い電話に出ると

家の屋根が悪いと言われ

明日訪問業者が

見積もりを持ってくると

電話がありました。


本当に悪いのか

見てもらえないでしょうか?


詳細をお聞きすると

㊟「資格を持った専門業者さん」

が道路から2階の屋根を見て

悪いところがあると指摘され、

㊟早く修理しないと危ない!とか


㊟今月中にご契約してくれたら

お安くします!

さらに笑ってしまったのが

お隣さんのBさんにも営業に行き

Aさんは工事するみたいですよ。

と話していたそうです。


BさんはAさんが工事するなら

私も工事お願いしようかな?

と考えたみたいです。

(又聞きなので本当かはわかりませんが…)


㊟の資格は実際にどんな資格か

ネットで調べると良いです。

資格もお金を払えば

取れるものが多いですし

本当にある資格か

どうかもわかりません。


ご年配の方はとにかく

誰かに相談してください。


あと不安を煽る業者

良い業者はいません。


冷静になって考えると

わかることだと思います。


今契約したらとかもアウトです。




念のために雨漏りしてますか?

とAさんに聞くと

全く漏れていないそうです。


訪問業者は屋根に登りましたか?

登りましたとのこと。


この場合絶対に訪問業者さんに

登ってもらわないように

した方が良いです。

何をされるかわかりません。


道路から見ての印象は

視力が悪いせいなのか

ん?どこが悪いとかな…


屋根に上って点検すると

道路側に1つだけ悪い所が

ありました。

でも近くで見ないとわからない

くらいかなり軽微なもの。


おそらく双眼鏡でじっくりと

見ないとわからないくらいの症状。


他の屋根も見ると

道路から見えないところに

全部で4カ所ほど

軽微な修繕が必要な所が

ありました。


全体的に状態も良く

綺麗な漆喰でしたが

部分的に破損しています。


先入観があるせいか、

やられたなこれ…

としか思えません。

(真実はわかりませんが…)


あらゆることを想定して

工事看板付きで写真撮影。


Aさんは留守だったため、後日

写真を渡しご説明。


今日になりましたが

瓦屋さんと一緒に再度調査しました。

やはり屋根専門のプロも

同じ見解で、雨漏りもなく

全体的に状態が良い。

将来的に修繕は必要ですが

今の段階で全部修繕は

もったいないのでは?

とのことでした。


ちなみに訪問業者さんの

見積金額は聞きませんでしたが

工事内容だけ聞きました。

すべての漆喰の重ね塗り。


私たちから言わせてもらうと

この工事内容もありえん内容です。

長くなるので省略しますが

重ね塗りは意味がありません。

劣化して既存の下地と

仕上げ材がはがれると

仕上げ材に上塗りした物は

どうなるでしょうか?

答えは簡単ですね。



人をだますと自分に返ってきます。

おまけに何倍にもなって。


高性能な家を楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広






閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日のお問合せの 続きになります。 物価高騰は数日前に書きました。 この事実は変わりません。 現状お見積りをしても 1か月先は仕入れ単価が 変わる可能性があります。 仮に原油高が下がったり、 円安になっても おそらく現状維持か人件費を 上げるために商品単価が上がる ことはあっても下がることは ないです。 じゃあ、家を建てたいけど どうしたらいいの?となります。 そこでインフレの世の中、 これからの

先日、住宅ローンや 光熱費について お問合せがありました。 これについて書きたいと 思います。 昨今のインフレの世の中、 値上りしていない物は おそらくないかと思います。 住宅の建築コストも 2年前と比較すると 大幅に上がっています。 2割増しくらいでしょうか。 建築コストは金額が大きいため 2割のコストアップは 工務店側にも大きな痛手ですが お客様にとっては ありえないくらい苦しい物に なります

bottom of page