top of page

リノベーション、中古住宅について


最近、既存住宅のリノベ又は

リフォームのお問合せや

どんな中古住宅を購入したらいいのか?

などのお問合せがありました。


まずはリフォームと

リノベーションの違いですが

性能向上(耐震改修、断熱改修)

を含むものをリノベーション

と言います。


リフォームとリノベーションを

どちらが良いか?

この判断基準ですが


①築年数(目安)


昭和56年6月以降なのか?

もっと古い物件の場合は

建物の基礎に鉄筋が

入っていなかったり

耐震性も悪い場合があります。

あくまでも目安ですが

判断の材料としてください。


②どのくらいの期間、

生活をしていくのか?


これも大切だと思います。

次の世代まで長く使って行きたい

と思っているのであれば

建物の状態次第ですが

リノベーションがおすすめです。


上部構造(基礎から上の構造)は

耐震等級3 断熱等級6

耐久性の対策もできます。


しかし築年数が古く、

建物の状態が悪い場合は

正直リノベーションは

もったいないので

建替えを検討されて下さい。


建替えの場合は

30~40年くらいしか

住めないような

コストの安い住宅ではなく、


ランニングコストの安い家

次世代に継承できる住宅を

建築することで

トータルコストの安い家づくりを

されることを推奨します。


それには最低でも

対策と基準をクリアした家づくり。

耐久性  (防蟻、防水対策、結露対策等)

耐震性  (許容応力度計算による耐震等級2以上)

断熱性能 (断熱等級6以上)

気密性能 (C値=0.5以下)

が必須項目です。


初期コストはかかりますが

自分の子供世帯が

建替えなどのコスト負担を無くし

リフォーム等で安く済ませれば

ものすごい価値があり

安くて快適な家になります。


次に中古物件購入ですが

以前もブログに書きましたが

家の状態をしっかりと

把握するためにも

プロの方と見に行くように

してください。


不動産屋さんは

物件を販売することが

お仕事です。


極端な言い方をすると

不動産を買ってもらえれば

快適に生活できるかどうかなんて

関係ありません。


工務店側としては

少しでも快適な住環境に

したいので、予算を

家の改修費に使用して

もらいたいです。


それなので物件の内覧や

物件選択はプロの方と

ご相談し話を進めていくことを

お勧めします。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広







閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大工さんの担い手問題

暖かい日が続いていますね。 移動中のラジオで大工さんの 話題が流れてきました。 かなりリアルな内容だったので 書きたいと思います。 2020年国勢調査の報告 大工さんの人口が約30万人 過去20年間で約半分まで減少 1990年の15~19才 大工さん人口は1万6,700人 2020年は2,100人 現在の30才未満は全体の7%未満 65才~69才は全体の16% このような情報を聞いたときに とても

あるお問合せに対する回答と本音

お知り合いの方に お問合せというか 質問を受けたので 書いてみようかなと思います。 話を聞くと、その方はある程度 高性能な家づくりを されている会社さんに お仕事を依頼されているそうで たまたま、お会いした際に 工務店さんに質問をしたら こう言われたけど、どう思う? とのことでした。 その時点で少し不信感を 抱いている?のかなと思いました。 しかし工務店さんにお願いすると 決めている方に それは違

bottom of page