top of page

ベランダやバルコニーの必要性①

こんにちは!今日はベランダの必要性を

テーマに考えていきたいと思います。


まずはベランダとバルコニーの違いとは?


違いは屋根の有無になります。

ベランダとは屋根があり、

バルコニーには屋根がありません。

では屋根があるかないかで、

どんな影響があるのかというと

私の経験上、ベランダは

雨漏りがしにくいです。

あと床面の劣化や

防水性能が長くなります。

しかし日当たりを考えて

計画しないと室内や

ベランダ自体が暗くなります。


次にバルコニーです。

基本的に後付けが可能です。

日当たりが抜群で2階の

庭みたいな感じです。

アルミの素材なら比較的

メンテナンスはいらないのですが、

木の場合、(材種にもよります)

メンテナンスをしっかり、

できれば5年おきに点検しながら

様子を見ていかないと、

かなり劣化が進行します。

修理のお問合せや雨漏りの

お問合せがある場合は、

ほとんどが手入れをしてなく、

簡単に修理ができない状況が多いです


話が変わりますが

先日YKKで体験に行った際に、

構造補強が必要なため、

基本的には新築用になりますが

持ち出しの4尺バルコニーになります。

持ち出しとは下に柱がないことです。

かなりデザイン性も良く、

かっこいい商品でした。


次にベランダやバルコニーがなぜ必要か?

これを深く考えていく必要があります。


例えば、布団を干す。洗濯物を干す。

家庭菜園。バーベキュー。庭など

用途次第で必要な寸法が変わってきます。

狭小地などでは2階の庭として

使うのは良いと思います。

その場合はしっかりとした計画、

スペースを確保したいです。

あと眺望が良いところでは、

ついベランダを作りたくなります。


次に奥行きです。

できれば4.5尺(有効寸法で1200㎜程度)

ないと使い勝手が悪いような気がします。

奥行きが3尺の作りだと、

実際の有効寸法が720㎜程度になります。

この奥行きだと物干しかごを持って

歩くのには狭く、布団も運びにくくなります。


ベランダを作るのに広さにもよりますが

意外と費用が掛かります。

それにメンテナンス費も必要です。

初期費用は高いですが、

メンテナンスがかかりにくい

金属防水もおすすめです。


ではメンテナンス費ですが、

FRP防水の場合は状態にもよりますが

トップ(上塗り)の塗り替え費が

㎡単価7000円~8000円程度

これを定期的にしていかないと、

大変なことになります。


しっかりとメンテナンスをすることを

強くお勧めします。


明日、ベランダの必要性を

もう少し深堀したいと思います。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広






閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大工さんの担い手問題

暖かい日が続いていますね。 移動中のラジオで大工さんの 話題が流れてきました。 かなりリアルな内容だったので 書きたいと思います。 2020年国勢調査の報告 大工さんの人口が約30万人 過去20年間で約半分まで減少 1990年の15~19才 大工さん人口は1万6,700人 2020年は2,100人 現在の30才未満は全体の7%未満 65才~69才は全体の16% このような情報を聞いたときに とても

あるお問合せに対する回答と本音

お知り合いの方に お問合せというか 質問を受けたので 書いてみようかなと思います。 話を聞くと、その方はある程度 高性能な家づくりを されている会社さんに お仕事を依頼されているそうで たまたま、お会いした際に 工務店さんに質問をしたら こう言われたけど、どう思う? とのことでした。 その時点で少し不信感を 抱いている?のかなと思いました。 しかし工務店さんにお願いすると 決めている方に それは違

bottom of page