top of page

内窓について

更新日:2022年10月2日

今日から10月になりました。

まだまだ昼間は暑いですね…

個人的に秋が好きなのですが

最近の秋は10月中旬から

11月くらいでしょうか?


今日は内窓について

書きたいと思います。。


内窓が一番活躍するのが

秋が終わり、12月から3月

までの4カ月と

夏場6月~10月までの5か月 

合計で9カ月間はフルに活躍します。


ではどんな活躍をするのか??


①結露が劇的に改善します。


内窓の表面の結露対策として

かなりの効果が期待できます。

既存窓の結露も軽減できます。

結露についてはこちらへ


②冷暖房の効果が良くなります。


窓の性能が悪いと熱は

かなり出入りをします。

これについてもこちらをご覧ください。

すこしマニアックな話になりますが、

コールドドラフト現象が軽減し

冬場のエアコン暖房による

むわぁとした感じも少なくなります。

コールドドラフトについては

後日書きますね。


③防音効果がすごい!

詳しくはこちらをご覧ください


以前、車通りの多い家のお客様が

劇的に変わりました!と感想を

いただきました。

実際にカタログの通り、半減したかな?

そのくらい変わります。


新築住宅でも、気密性を良くし、

トリプルガラスを採用すると

(ペアガラスでもかなりのこうかです)

小雨くらいだと雨降っとったと?

ということがあります。


④健康になります。

特に冬場の冷気。

脱衣室やトイレなど部屋温度差が

少なくなることは大切ですね。

ヒートショックについても

後日書きたいと思います。


窓のリフォームで一番費用対効果が

高いのが内窓です。

補助金も使えますので

ぜひご検討ください。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川明広


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日の続きになります。 他にも物価高対策の 方法があります。 一般的に 新築住宅や中古住宅の リノベーションなど 住宅ローンを 組むことが多いのですが 住宅ローンの月々の支払い を安くすることも大切ですが 光熱費などの毎月の 支払いを減らすことが 何よりも重要です。 それではどうすると 良いのか? 当たり前なことですが 家の断熱性能を可能な限り 上げることになります。 しかし断熱性能だけを 高くし

久しぶりの更新になりました。 暑さと人手不足の戦いに 苦労しております。 おまけに台風が近づいて来てます… 職人さん不足で 一番大変なのは 左官業と思います。 業界内でも天然記念物と 言われるほど貴重な存在で 多くの方が65~75才くらいで まだまだ頑張っております。 私が知っている若い左官業の方でも 50後半です… 正直20代~40代世代の 出来る職人さんは 見たことがありません… 次に大工さん

bottom of page