top of page

土地探しのポイントその1

更新日:2022年10月2日

土地探しについて少しはご参考に

なればと思い書いてみます。


土地探しにのポイント1


まずは、この建築会社さんで建てたいと思う

会社さんを決めておき、そこに相談する。


理由として工務店などの建築会社さんは

お付き合いある不動産会社さんから

ネットで出る前の情報が入ります。

大体ここいいなっていう物件はネットに

掲載前に売れることが多いです。


あと、土地を見つけて工務店を探すと

急いで工務店から探して、なおかつ

工務店から契約を急がされます。


また、土地を仮押さえする期間にも

限度があります。売主や特に不動産会社さん

早く物件を売りたいからです。


普通に考えれば当たり前のことです。

良心的な工務店さんでないと、

そこに付け入り、見積り金額も高めに

したり、駆け引きをされることもあります。


何事も急がされると良いことはありません。

間取りや見積金額など、うまく行きません。


土地を見つけてからプランの作成、見積作成、

銀行に融資の本申し込みまで最短で2ヶ月前くらい

かかるかと思います。

その辺りを感覚として頭に入れて置くことが

大切です。


そして家づくりは土地探しにから着工まで、最低でも1年間くらいはかかります。

ちなみに私は2年近くかかりました。

…長かったなー

焦る気持ちはわかります。

特に私の場合、子供の学校区域の問題がありました。

子供が一年生になる前に新居に引っ越したい!

出来れば転校はさせたくないとか。


結局のところうちの子は1年生の終わりに転校。

心配はしましたが、今では何の問題もなく、

新しい友達と仲良く生活しています。

子供はたくましいなと思います。


他にもこんなことがありました。

お知り合いの方で家を建てたいとご相談を受け、

土地はすでに仮押さえしている状況でした。

幸いにも手付金を入れてなかったので良かったのですが、

その土地は敷地に行くまでの道路が狭く、軽自動車でぎりぎり。

日当たりが悪く、2階にリビングを計画しても日が入りにくい

ような狭く変形した土地、隣地条件も最悪な土地でした。

メリットはすぐそばに大型スーパーがあるくらい。


一般の方は日当たりまでなかなか考えないと思います。

なぜ日当たりが大切か、これも後日書きます。


話が飛びましたが

長期間かけて計画することも大切かと思います。

ぽんぽんと進むことは希かと思います。


家づくりは土地探しも大切ですが、何よりもまずは資金計画が一番大切です。


この資金計画が出来ていれば、土地探しもかなりスムーズになります。


資金計画についても後日書いていこうと思います。

土地探しにのポイントもまだまだあります。

中古住宅のポイントもたくさんあります。

この辺りもちょっとずつ書いていこうと思います。


ただし書く内容はあくまでポイントだけです。

その辺りはご了承下さい。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広




閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

外張り断熱は高い?②

更新が遅くなりました… それにしても暑いですね。 今日はアウターシェードで 日射遮蔽をしつつ 窓を開けて仕事へ 出かけましたが 帰宅時は28℃近くありました。 先に帰宅している家族が 生活をしているので 多少の温度上昇が あると思いますが エアコンをつけました。 晴れた日は窓を開けても 湿度が60%以下のため 個人的には 窓を開けてもいいかなと 思っています。 後日書きたいと思いますが 梅雨前の今

新年度スタート2024年問題

ここ数日で一気に 暖かくなり 日射取得が 不要な季節になりました。 これからは日射遮蔽といい 窓からの日差しをどう遮るかが ポイントになる季節です。 特に家の断熱気密性能が高いと 晴れた日は26℃~30℃になります。 実際に自宅では 20時ごろに帰宅すると 26℃を超えていました。 この時期は太陽高度の関係で 庇では日差しを遮ることが 困難なため、外付けシェードなどが おすすめです。 高性能住宅を

太陽光パネル、国がリサイクル事業者認可+省令準耐火について

寒暖差が激しいですね… 季節が1か月以上 早まっている気がします。 ここ数日体調不良です。 熱は無く、のどの痛み、鼻水、 くしゃみ、せき、頭痛 検査はしていませんが 人生初の花粉症とのこと。 内心、ホントかな… 今日のタイトルは 書きながら話が脱線したので こういうタイトルになりました。 環境省が使用済み 太陽光パネルから レアメタル(希少金属)や ガラスを取り出すといった 次世代リサイクル事業を

Comments


bottom of page