top of page

屋根の葺替え工事

更新日:2022年9月30日

屋根の葺替え工事について

書きたいと思います。 


現在塗装工事の御見積り

依頼をいただいたお客様に

屋根の状態が悪いので

ご要望とは別で屋根の取替を

ご提案させていただきました。


セメント瓦の屋根。

築年数が35年くらいでした。

雨漏りもあり、補修の形跡あり。


塗装依頼でしたが状態を

きちんとご説明し、

長期的に見ると、陶器瓦への

取替が安心でき、費用もお安くなる。


塗装工事の場合、1回の費用が

足場代ま20万程度

塗装費用45万程度

合計65万程度かかります。


瓦のやりかえだとおよそ200万円。


塗装は10年から15年スパン。

おまけに棟瓦が痛み、手直しに

10万程度。(あくまで補修)

セメント瓦の痛みも激しいので

今回の塗装以降は、取替かな…

そんな状態でした。


前回瓦屋根のブログを書きましたが、

陶器瓦の耐久性を考えると

塗装費用がもったいないですね。

おまけに防水紙も新しくなり

防水の役目、板金も新しくなります。


だったら取替コストがかかりますが

圧倒的に取替がお勧め。


私たちは高い工事を優先して

奨めていません。


むしろ、自分なら売り込み

みたいなことをされるのが苦手。


よほどな状況でない限り、

高い工事は奨めていません。


お客様も納得して、

安心して過ごしたい。


お客様に大きな負担をかけますが

トータルコストはお得になります。


話は変わりますが、

弊社では塗装工事と足場組立は専門の業者さんを

直接ご紹介してます。


つまり、工務店単価でお客様と

塗装工事店が直接取引してもらいます。


現場監理は責任もって行います。


紹介料など、いただきません。


諫早でも実績ナンバー1。

そんな会社さんをご紹介してます。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川明広



閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大工さんの担い手問題

暖かい日が続いていますね。 移動中のラジオで大工さんの 話題が流れてきました。 かなりリアルな内容だったので 書きたいと思います。 2020年国勢調査の報告 大工さんの人口が約30万人 過去20年間で約半分まで減少 1990年の15~19才 大工さん人口は1万6,700人 2020年は2,100人 現在の30才未満は全体の7%未満 65才~69才は全体の16% このような情報を聞いたときに とても

あるお問合せに対する回答と本音

お知り合いの方に お問合せというか 質問を受けたので 書いてみようかなと思います。 話を聞くと、その方はある程度 高性能な家づくりを されている会社さんに お仕事を依頼されているそうで たまたま、お会いした際に 工務店さんに質問をしたら こう言われたけど、どう思う? とのことでした。 その時点で少し不信感を 抱いている?のかなと思いました。 しかし工務店さんにお願いすると 決めている方に それは違

bottom of page