top of page

2022/12/18の断熱等級6の家

こんばんは。

日曜日はかなり冷えましたね。

外気温が1日通して1℃~2℃

子供と雪遊びで楽しんだ休日でした。


昨年は雪が積もった

記憶がなく、6年くらい前に

記録的大雪がありました。


あの時は外気温が-4℃に

なったような記憶があります


今日は日曜の出来事を

書きたいと思います。


土曜の夜は忘年会で

朝寝坊しました。


スマホを見ると

吹抜けホールが22.6℃となり

玄関は17.6℃

LDKは19.8℃

何これ?


AM8時半に起床し外気温を

見ると1℃。

え!と思い、外を見ると

雪が積もっていて

驚きました。


嫁さんが寒かったけん、

さっき2台目の暖房付けたとのこと。


普段は1階のエアコンで暖房し

2階のエアコンは夏用として

使っています。


昨日は通常より寒かったため

室温が下がっていました。


電気代が高いので

なるべく暖房したくないのですが

2階のホールにあるエアコンを作動

設定温度は24℃ 


1階は23℃で設定。


サーキュレーターで暖気を動かし

お昼には

玄関が19.5℃

脱衣室20.8℃

LDK22.6℃まで温まりました。


玄関がなぜ気温が

低いのかというと

外との出入りがあったり、


玄関引戸の性能が

悪いためです。


熱還流率は2.13W/(㎡・k)

※この数値が小さくなると

性能が高くなります。


それ以上に気密性が

めちゃめちゃ悪く

気密測定では

引戸の漏れが多いため

C値は0.4

引戸の弱点部分にテープを

張るとC値は0.1にまで

下がりました。


玄関の性能が悪いと

こんなにも寒くなります。


ある意味でいい実験結果というか

失敗事例ですね。


断熱も大切ですが

いかに気密が大切か。

身をもって感じました。


引戸でも性能の良い商品が

ありますが

あえて採用しませんでした。


熱還流率が悪いのは承知上でしたが

気密性能がここまで悪いとは思っても

いなくて、多少高くても

木製の玄関を採用すべきたったと

思っています。


しかし玄関の引戸は非常に便利で

使いやすく、その点では

満足しています。


そのうちリフォームでいい商品が

出てくるかと願っています。


玄関はドアならYKKやリクシルなど

高性能な商品があるため

それでも十分に性能は発揮できると

思います。


一応写真を添付しておきます。

18日AM8時半頃

湿度が下がっているのは

加湿器の水切れです。


18日PM8時

19日の朝7時前の気温です。

寝室は子供が寝ているので

室温が上がっています。

日曜から今朝まで2台の暖房運転。

朝暖房を一台停止し

外出しました。



今日はこの辺りで失礼します。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんばんは。 たまたまネットニュースで 目に留まり、ブログのネタに してみました。 ちなみにAM3時半 現在の外気温がマイナス1℃ LDKの室温が20.7℃ 今日もかなり冷え込んでいます。 都道府県別電気料金の 値上がりランキングと いう記事がありました。 九州は現在、佐賀県玄海市の 玄海原子力発電所の3号機と 鹿児島県の川内原子力発電所の 1号機と2号機が稼働しているみたいです。 その影響もあり

今日は屋根断熱について書こうと 思いましたが、先日、 G2グレード(断熱等級6)の 新築住宅について お問合せがあったため ご参考になればと思い、 書いてみます。 ちょっとだけですが マニアックな話になりますが 断熱性能について 興味がある方に 参考になれば幸いです。 結論から書きます。 あくまで個人的見解です。 付加断熱なしの 断熱等級6は見直しが必要です。 ちなみに付加断熱なしの 断熱等級6が

こんばんは。 更新が少し遅れましたが 土曜日の分のブログを 書きたいと思います。 床の断熱工法について 基礎断熱編です。 基礎断熱工法の種類は 大きく分けて 基礎外断熱 基礎内断熱 の2種類があります。 基礎外断熱 メリット 熱橋が少なく断熱効果が高い。 熱橋とは文字通り熱の橋。 基礎コンクリートの 外側を断熱材で包みこむので 外気に触れる部分が基本的に 無くなるため、外気の熱が 伝わる部分(橋)

bottom of page