top of page

太陽光の力について

更新が遅くなりました。

日曜に感じたことを

アップしたいと思います。


日曜日は朝から

暖かい一日でした。


平日は日中は

家にいることが少ないため

なかなか実際の状況を

体験できていないのですが

昨日は窓際に行くと

かなりの熱を感じます。


9時過ぎに窓ガラスに

当たる直射日光の温度を

放射温度計で測定。

45℃~48℃とかなりの熱量が

窓から家の中に入っていました。


LDKの室温が

9時の室温が24℃を超えて

12時頃の室温が26℃を超えました。

2階は27℃を超えます。


太陽の力ってすごいなと

改めて感じる体験でした。


やはり冬場の暖房費を

いかに無くすか?

と考えると自然エネルギーを

上手に取り入れ、なおかつ

太陽光発電を屋根に乗せ

自家消費をしていく。


これが一番だと思います。

もちろんこれには断熱性能と

気密性能は必須で

断熱は出来れば等級6以上

気密性能は0.5以下


ではなぜ断熱性能や

気密性能が大切なのか?

というと、簡単にいうと

断熱が保温力。

気密が漏気です。


断熱性能が高い家だと

温まった家の温度が冷めにくく

なります。


しかし気密性能が悪いと

せっかく温まった空気が

外へ逃げていきます。


これでは暖房費「お金」を

捨てているようなものです。


今の時期は

日中に室温を上げて、

夜はその恩恵を残し

生活ができます。


今年、新築でお世話になった

お客様の所へ用事があり

お伺いすると

今シーズンはほとんど

暖房付けていない

とのことで、今までの

家と違う!

と感動されていました。


話がそれますが、

インナーガレージに

薪ストーブを設置したので

用事のついでに薪(廃材)を

お渡しすると薪ストーブを

焚いてくれました。


薪ストーブを焚くと

煙突の熱気で

ガレージ内部が暖かくなり

ガレージのシャッターを閉じて

隣接する部屋の窓をあけると

熱気が室内に入ります。


それだけで部屋がかなり

暖かくなり、暖房費が

いらなくなります。


実物の炎はいい雰囲気で

羨ましいです。


またまた話が変わりますが

ニュースで今年の冬は

例年より寒くなるかも?

とのことです。

いよいよ冬のシーズンです。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだの東川 明広










閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨時期の湿度管理が難しい…

先週ですが 新築住宅の引渡しが完了しました。 いつも思うのが 引渡しが終わると とても寂しい気持ちになります。 リフォームも同じで 短期間でも形の残るお仕事です。 リノベーションや 新築では引越しが付き物です。 基本的に引越しのお手伝いまで 工事の一環として やらせてもらっております。 また、引渡し後に 壁にフックや鏡、 壁付扇風機などを 付けたいとうご要望も 私の方で無償で させていただいて お

ダニ対策まだ間に合います。

更新が遅くなりました… 最近少しづつ 窓改修や夏の暑さ対策の 依頼が増えてきています。 夏の暑さは窓の外で 日差しを遮ることで 大幅に改善されます。 後は天井の断熱材を 厚くする。 天井の気流止めも大切です。 いよいよ梅雨に入ります。 梅雨に入る前に寝室など ほこりやダニが発生しやすい 部屋の掃除をされることを おすすめします。 ダニは20℃~30℃ 湿度が65%あたりになると 繁殖に適すると言わ

工事の御見積作成について①

昨日は長雨で 長崎市では土砂崩れも あったみたいですね。 雨の日は湿度管理対策を 行うことで 家の中のカビや菌の 繁殖が軽減できます。 ちょっとしたことですが 方法を間違えると 浴室や脱衣室、洗濯機内部に カビが発生します。 でも定期的な掃除が大切ですね。 今日は家づくりの 御見積について 少し書いてみたいと思います。 長くなるので 今回は2部構成で書いてみます。 ざっくりですが 御見積作成までの

Comments


bottom of page