玄関ドアの取替工事

こんばんわ。

ギリギリセーフです!

毎日ブログが途絶えるところでした…

365日続けることが

できるのでしょうか?

とりあえず100日は達成したい

ところです。


最近は朝方の外気温が

11℃~13℃くらい

昼間は暖かく、

22℃~24℃くらいでしょうか。

でも今日はちょっと動くと

汗ばむ気温。

11月でも昼間は半袖で

過ごせそうです。


先日、玄関ドアの

取替工事を行いました。

カバー工法という工事。

既存のドア枠は残して、

その上から新しい枠を取付ます。


メリットとして

工事費、工期など

劇的に短縮できます。

条件にもよりますが、

基本的に朝から着工し

夕方には完成します。


もしカバー工法ではなく

今の玄関をすべて撤去し

新しい玄関の取付をすると、

最低でも3日以上はかかります。


工事内容も大がかり。

金額もそれなりに高額になります。


取替前と取替後の

玄関ドアの写真です。

















外壁の塗装工事をした

影響もありますが

見た目が劇的に変化します。


今回の玄関ドアの性能は

断熱性能が良い

グレードになります。

商品のページを添付しておきます。


なぜ断熱性能が

良い商品を推奨

するのかというと、

売上げがあがるからです。

というのは冗談で、

2つの理由があります。


①結露が確実に減ります。

以前も書きましたが

結露は健康の敵です。

今の時期になると

以前住んでいたアパートは

朝から結露し、玄関土間が濡れていました。

窓枠も黒カビで

シミができます。

毎朝掃除をすれば

いいのでしょうが

朝からそんな時間は

ありません!

特に子育て世代は

正直無理です。

朝はバタバタして

子供を送り出す毎日。


真冬は外の土間が濡れて、

水滴がびっしょり。

こんな毎日を送っていました。


そんな経験もあり、

また、家全体の温度差を

少しでも解消する目的も

あります。


②見た目は新しくなっても

暑く、寒ければ、

満足度は下がります。

カバー工法だから

安く済むといっても

数十万はかかる工事です。

正直、簡単に出せる金額では

ありません。

ですからせっかく工事する以上

少しでも性能が良くて、

金額の割に満足度を高めたい

という点から断熱性能の

高いものを薦めるよう

にしています。

(ちなみに補助金の対象にもなります!)


費用対効果が少ない物は

基本的には薦めることは

しておりません。


しかし、性能が良い玄関ドアでも

弱点があります。

それは枠です。

現状では枠がアルミで

枠の内部にに断熱が入ったものが

なく、ここが弱点になります。


この部分の解消が課題だと思います。

新築用など新しく取付けるタイプは

枠に断熱が入った商品があるのですが

リフォームの場合、条件的に

困難な場合が多いですね。


ちなみに今朝の気温は

測定しわすれてしまいました。

いつもよりちょっと肌寒く

感じたような気がします。


今日の帰宅時間は19時頃

気温を測定しました。

外気温18℃ 室温℃25.2相対湿度50%

ちょっと熱いので窓開けたら

快適になりました!


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広





閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示