top of page

結露についてのお問合せ


週末に結露の

お問合せがありました。

前からどうしても

窓の結露が気になるから

どうにかならないか?

とのことでした。


お伺いして窓を拝見すると

窓ガラスに

「プチプチ」が貼ってあり

ご自身で出来る対策が

行われていました。


このプチプチしてから

寒さが少し改善したが

枠の結露と寒さ、

冷気がひどく

カビが繁殖し掃除が大変。


たまたま補助金が

再開したので

ご提案をすると

補助金の申請が

間に合うようなら

ぜひ工事をしたい

とのことでした。


再開した補助金は正直

時間との勝負かと思います。

しかしお客様を慌てさせて

契約することはしません。


個人的な予想では

年内に終了するかと

思っています。


事情を説明し

来年度を含めて

検討してもらいました。


以前もお客様の

お知り合いから相談を

いただき、屋根の瓦の

状態が悪いので今月中に

契約したらお安くします!

という業者さんがいて

実際にすぐ工事をしないと

いけないのか?

そして見積金額が適正か?

と相談を受けました。


見積金額は適正価格で

屋根は工事してもいいけど

急いでしなくても良いかな?

という状態。

それに今月中に契約とか

そういう言葉は正直

かなり良くないと思っています。


お客様を素人です。

家のことがわからないのに

あせらせるのはプロとして

どうなのか?


たとえ緊急性が高い場合でも

不安をあおる行為は

絶対にしてはいけません。


業者さんによって

営業成績を上げないと

いけないなどさまざまな理由が

あるかと思いますが、家の修理や

リフォーム、新築など

生涯に何度もできることでは

ないので、ぜひ慎重に検討されてください。


家づくりに関して慌てることは

正直メリットが少ないかと思います。


でも、つい焦りたくなります。

自分も早く家を建てたくて

焦って土地探したりしました。

結局あせってもいいことは

ありませんでした。


話は戻りますが

既存住宅の場合は

まずは窓を対策をし

ご予算があれば次の対策を

した方がいいです。


そのあたりの詳細は

お問合せください。

売り込みはしません。

ご安心ください。


現在AM1.30

外気温6℃ 床下エアコン設定23℃

室温22.3℃ 相対湿度56%

頑張れニッポン!



高性能な家を楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川明広











閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

外張り断熱は高い?②

更新が遅くなりました… それにしても暑いですね。 今日はアウターシェードで 日射遮蔽をしつつ 窓を開けて仕事へ 出かけましたが 帰宅時は28℃近くありました。 先に帰宅している家族が 生活をしているので 多少の温度上昇が あると思いますが エアコンをつけました。 晴れた日は窓を開けても 湿度が60%以下のため 個人的には 窓を開けてもいいかなと 思っています。 後日書きたいと思いますが 梅雨前の今

新年度スタート2024年問題

ここ数日で一気に 暖かくなり 日射取得が 不要な季節になりました。 これからは日射遮蔽といい 窓からの日差しをどう遮るかが ポイントになる季節です。 特に家の断熱気密性能が高いと 晴れた日は26℃~30℃になります。 実際に自宅では 20時ごろに帰宅すると 26℃を超えていました。 この時期は太陽高度の関係で 庇では日差しを遮ることが 困難なため、外付けシェードなどが おすすめです。 高性能住宅を

太陽光パネル、国がリサイクル事業者認可+省令準耐火について

寒暖差が激しいですね… 季節が1か月以上 早まっている気がします。 ここ数日体調不良です。 熱は無く、のどの痛み、鼻水、 くしゃみ、せき、頭痛 検査はしていませんが 人生初の花粉症とのこと。 内心、ホントかな… 今日のタイトルは 書きながら話が脱線したので こういうタイトルになりました。 環境省が使用済み 太陽光パネルから レアメタル(希少金属)や ガラスを取り出すといった 次世代リサイクル事業を

Comentarios


bottom of page