top of page

衝撃…電気料金の値上りについて…


今日は電気料金の値上りについて

書きたいと思います。


記憶が正しければ

2021/12/23に新居に

引っ越しをしました。


それまではアパートで30Aの

従量電灯Bで

契約をしていました。

現在は

電化でナイトS21 5KW契約


では比較検討してみます。


ちなみに我が家の条件として、

オール電化 家電が標準的に

な仕様に+サブ冷蔵庫

(高さ120㎝くらいのサイズ)が

あるくらいで、

テレビは2台ありますが、

基本的に1台しか

使用してません。


住人は大人2名 子供3名

冬場は

家庭用エアコン1台を常時運転

夏場は

家庭用エアコン1台を常時運転

冬も夏も全館空調です。


太陽光発電4.25KW

日中の発電時間は

自家消費があります。


1月分~4月分請求は

育休中のため

昼間の使用量が

多めになっています。


9月分と10月分請求には

コロナ療養のため

昼間の使用量が多めに

なっています。


実際の我が家のデータです。

2022/1月からの請求

(すべて税込)

㊟「計算方法はわかりやすく

するため独自の方法です」


1月 23511円 1005kwh

(1kwh=23.4円)


2月 19263円 818kwh 

(1kwh=23.54円)


3月 15423円 674kwh

(1kwh=22.9円)


4月 9106円  373Kwh

(1kwh=24.4円)


5月 9393円  386kwh

(1kwh=24.3円)


6月 9222円  362kwh

(1kwh=25.5円)


7月 11147円 406kwh

(1kwh=27.4円)


8月 15502円 556kwh

(1kwh=27.9円)


9月 11666円 395kwh

(1kwh=29.5円)


10月 9376円 301kwh

(1kwh=31.1円)


仮に10月の1kwhの単価で

来年の1月分の請求を

計算してみると

31.1円×1005kwh=31256円

この金額から今年の1月分を

引いた値段が

単純に値上金額になります。

31256円-23511円=7745円


どうでしょうか?

このブログを書いている時に

あまりにもショックで

電気は使えば使うほど

再エネ賦課金の額が上昇します。

また、今後も値上りが予想されます。


少しですが自家消費で

被害を軽減できています。

あと売電収入はこの金額には

含まれていません。


ちなみに太陽光発電の

売電価格ですが、

(検針日によって月ごとの

日数が異なります)

5月分(4/26~5/29) 34日分

10,203円ですので

電気代が+810円になります。

この月のみプラスでした。


今後の住宅は太陽光発電は

必須だと思います。

FIT(固定価格買取制度)が

終了された場合、蓄電池の

検討をする価値があるように

思えます。


太陽光発電のパワコンを

取替える場合には

蓄電池とパワコンのセットで

交換する商品があり、

パワコン単体の交換より

お得です。うる覚えですみません。


今後、いかに電気代を減らす

家づくりにするか?

新築は当たり前。

既存住宅への取り組みが大切です。


後日、数か月分ですが、

昨年のアパート暮らしの

電気料金、ガス給湯器代の

明細もご紹介します。


ちなみに朝6時30分現在

外気温14℃ 室内23.5℃ 相対湿度47%


今日はこれで失礼します。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

太陽光パネル、国がリサイクル事業者認可+省令準耐火について

寒暖差が激しいですね… 季節が1か月以上 早まっている気がします。 ここ数日体調不良です。 熱は無く、のどの痛み、鼻水、 くしゃみ、せき、頭痛 検査はしていませんが 人生初の花粉症とのこと。 内心、ホントかな… 今日のタイトルは 書きながら話が脱線したので こういうタイトルになりました。 環境省が使用済み 太陽光パネルから レアメタル(希少金属)や ガラスを取り出すといった 次世代リサイクル事業を

来週末のイベントご紹介

最近はなかなかの忙しさ。 本日もお仕事でした。 日曜は業者さんの電話対応が無く 色々と事務作業がはかどります。 最近窓リノベの案件が 増えてきています。 夏前に工事したお客さんから 内窓良かったけん、 別の窓もしたい! 外窓交換で トリプルにしたいなど ありがたいお話を いただいております。 おかげさまで 窓リノベやこどもエコすまい、 給湯省エネなど 補助金申請が すべて採択されており お客さまに

bottom of page