top of page

電気代を安くするため確率された技術

先週だったと思います。

東京大学大学院

工学系研究科建築学専攻

准教授 前真之先生の

セミナーを受講しました。


2時間のセミナー。

家の性能がどの程度で

電気代がどのくらいになるか?

実際のデータを基に

細かく計算をし、

断熱等級7、等級6にすると

ランニングコストがどのくらいに

なるのか?

を比較したデータを

教えてくださいました。


まずは下の表からご紹介します。

※東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前真之 作成資料を引用

電気代を安くするために必要な対策は

現状、この3つしかないそうです。

断熱気密をよくし、高効率設備で省エネ。

そして太陽光発電は必須。+蓄電池。


将棋の駒で例えられていて

飛車なしで戦うのは圧倒的に

不利だと言われていました。


将棋はあまりしたことがないのですが

さすがに飛車がどのくらい強いかは

わかります。


太陽光についても後日書きたいと

思います。



ちなみに先日工事をした物件の

太陽光のパネルを撮影しました。

諫早市太陽光発電

15年たったパネルですが

見た目は新しいままと言っても

いいくらい綺麗で、

たしかに20年以上は

持つだろうなと感じました。

(実際は発電効率など落ちているのかも

しれません)


あと次の表を見たときに

自分の中でかなりしっくりくる

感覚がありました。


実際に等級6の家に

1年間住んでみて感じた

ものがまさにこれです。

※東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前真之 作成資料を引用

断熱等級4+間欠空調と同じレベルの

電気料金で全館24時間空調ができる。


等級6に住む前はイメージとして

もう少し電気料金が安くなる

感覚でした。


そしてこの文章

「暖房を限りなく減らすことができる」

贅沢かもしれませんが等級7に

住んでみたいなーと改めて思ってしまいます。


前先生も「新築は等級6以上にしましょう!」

等級7はコストが上がるため、

ハードルが高くなりますが、

「やる価値がある」と言われていました。


※東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前真之 作成資料を引用

明日この部分のご紹介をしたいと思います。


ちなみに現在AM3時 外気温14℃


1階の室温24.6℃ 相対湿度51%

基本的に2階は+1℃です。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広

 

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨時期の湿度管理が難しい…

先週ですが 新築住宅の引渡しが完了しました。 いつも思うのが 引渡しが終わると とても寂しい気持ちになります。 リフォームも同じで 短期間でも形の残るお仕事です。 リノベーションや 新築では引越しが付き物です。 基本的に引越しのお手伝いまで 工事の一環として やらせてもらっております。 また、引渡し後に 壁にフックや鏡、 壁付扇風機などを 付けたいとうご要望も 私の方で無償で させていただいて お

ダニ対策まだ間に合います。

更新が遅くなりました… 最近少しづつ 窓改修や夏の暑さ対策の 依頼が増えてきています。 夏の暑さは窓の外で 日差しを遮ることで 大幅に改善されます。 後は天井の断熱材を 厚くする。 天井の気流止めも大切です。 いよいよ梅雨に入ります。 梅雨に入る前に寝室など ほこりやダニが発生しやすい 部屋の掃除をされることを おすすめします。 ダニは20℃~30℃ 湿度が65%あたりになると 繁殖に適すると言わ

外張り断熱は高い?②

更新が遅くなりました… それにしても暑いですね。 今日はアウターシェードで 日射遮蔽をしつつ 窓を開けて仕事へ 出かけましたが 帰宅時は28℃近くありました。 先に帰宅している家族が 生活をしているので 多少の温度上昇が あると思いますが エアコンをつけました。 晴れた日は窓を開けても 湿度が60%以下のため 個人的には 窓を開けてもいいかなと 思っています。 後日書きたいと思いますが 梅雨前の今

Comments


bottom of page