電気代を安くするため確率された技術

先週だったと思います。

東京大学大学院

工学系研究科建築学専攻

准教授 前真之先生の

セミナーを受講しました。


2時間のセミナー。

家の性能がどの程度で

電気代がどのくらいになるか?

実際のデータを基に

細かく計算をし、

断熱等級7、等級6にすると

ランニングコストがどのくらいに

なるのか?

を比較したデータを

教えてくださいました。


まずは下の表からご紹介します。

※東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前真之 作成資料を引用

電気代を安くするために必要な対策は

現状、この3つしかないそうです。

断熱気密をよくし、高効率設備で省エネ。

そして太陽光発電は必須。+蓄電池。


将棋の駒で例えられていて

飛車なしで戦うのは圧倒的に

不利だと言われていました。


将棋はあまりしたことがないのですが

さすがに飛車がどのくらい強いかは

わかります。


太陽光についても後日書きたいと

思います。



ちなみに先日工事をした物件の

太陽光のパネルを撮影しました。

諫早市太陽光発電

15年たったパネルですが

見た目は新しいままと言っても

いいくらい綺麗で、

たしかに20年以上は

持つだろうなと感じました。

(実際は発電効率など落ちているのかも

しれません)


あと次の表を見たときに

自分の中でかなりしっくりくる

感覚がありました。


実際に等級6の家に

1年間住んでみて感じた

ものがまさにこれです。

※東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前真之 作成資料を引用

断熱等級4+間欠空調と同じレベルの

電気料金で全館24時間空調ができる。


等級6に住む前はイメージとして

もう少し電気料金が安くなる

感覚でした。


そしてこの文章

「暖房を限りなく減らすことができる」

贅沢かもしれませんが等級7に

住んでみたいなーと改めて思ってしまいます。


前先生も「新築は等級6以上にしましょう!」

等級7はコストが上がるため、

ハードルが高くなりますが、

「やる価値がある」と言われていました。


※東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前真之 作成資料を引用

明日この部分のご紹介をしたいと思います。


ちなみに現在AM3時 外気温14℃


1階の室温24.6℃ 相対湿度51%

基本的に2階は+1℃です。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広

 

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は補助金について 書きたいと思います。 10月末に1件の 性能向上リノベーション工事を 終えて、ひとまず 補助金の完了報告まで 終えました。 まだ正式な金額では ありませんが 110万ちょっとの 補助が許可されそうです。 この補助金の受付が 7月に終了したのですが 本日事務局より12月5日より 受付が再開されますと 連絡がありました。 詳細がまだわからないのですが おそらく予定されていた申請の

二世帯住宅について 書いてみたいと思います。 弊社でも今年、一件二世帯住宅の 新築をお世話になりました。 2年前にも新築を させてもらいました。 二世帯住宅で 注意する点として どこまで二世帯として 共有するのか問題。 例えばお風呂やキッチン。 お嫁さんの好みもあります。 また、若夫婦と親世帯とでは 年齢や生活習慣が大きく 違います。 この仕事をしていると 色んな方と接する機会があります。 特に年

おはようございます! 昨夜は半袖で過ごしました。 その前もでしたが。 現在の時刻が22時ですが 室温が25℃ 相対湿度55% 外気温が13℃なので まだまだ秋といったところでしょうか? 今日から新たにリフォーム工事が 始まりました。中規模リフォームで 年内に完成できればと思います。 後日アップしたいと思います。 今日のブログのテーマは 何にしようかな? と考えていた時、 ふと思いついたことが あり