top of page

電気代を安くするため確率された技術

先週だったと思います。

東京大学大学院

工学系研究科建築学専攻

准教授 前真之先生の

セミナーを受講しました。


2時間のセミナー。

家の性能がどの程度で

電気代がどのくらいになるか?

実際のデータを基に

細かく計算をし、

断熱等級7、等級6にすると

ランニングコストがどのくらいに

なるのか?

を比較したデータを

教えてくださいました。


まずは下の表からご紹介します。

※東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前真之 作成資料を引用

電気代を安くするために必要な対策は

現状、この3つしかないそうです。

断熱気密をよくし、高効率設備で省エネ。

そして太陽光発電は必須。+蓄電池。


将棋の駒で例えられていて

飛車なしで戦うのは圧倒的に

不利だと言われていました。


将棋はあまりしたことがないのですが

さすがに飛車がどのくらい強いかは

わかります。


太陽光についても後日書きたいと

思います。



ちなみに先日工事をした物件の

太陽光のパネルを撮影しました。

諫早市太陽光発電

15年たったパネルですが

見た目は新しいままと言っても

いいくらい綺麗で、

たしかに20年以上は

持つだろうなと感じました。

(実際は発電効率など落ちているのかも

しれません)


あと次の表を見たときに

自分の中でかなりしっくりくる

感覚がありました。


実際に等級6の家に

1年間住んでみて感じた

ものがまさにこれです。

※東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前真之 作成資料を引用

断熱等級4+間欠空調と同じレベルの

電気料金で全館24時間空調ができる。


等級6に住む前はイメージとして

もう少し電気料金が安くなる

感覚でした。


そしてこの文章

「暖房を限りなく減らすことができる」

贅沢かもしれませんが等級7に

住んでみたいなーと改めて思ってしまいます。


前先生も「新築は等級6以上にしましょう!」

等級7はコストが上がるため、

ハードルが高くなりますが、

「やる価値がある」と言われていました。


※東京大学大学院工学系研究科建築学専攻  准教授 前真之 作成資料を引用

明日この部分のご紹介をしたいと思います。


ちなみに現在AM3時 外気温14℃


1階の室温24.6℃ 相対湿度51%

基本的に2階は+1℃です。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広

 

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大工さんの担い手問題

暖かい日が続いていますね。 移動中のラジオで大工さんの 話題が流れてきました。 かなりリアルな内容だったので 書きたいと思います。 2020年国勢調査の報告 大工さんの人口が約30万人 過去20年間で約半分まで減少 1990年の15~19才 大工さん人口は1万6,700人 2020年は2,100人 現在の30才未満は全体の7%未満 65才~69才は全体の16% このような情報を聞いたときに とても

太陽光パネル、国がリサイクル事業者認可+省令準耐火について

寒暖差が激しいですね… 季節が1か月以上 早まっている気がします。 ここ数日体調不良です。 熱は無く、のどの痛み、鼻水、 くしゃみ、せき、頭痛 検査はしていませんが 人生初の花粉症とのこと。 内心、ホントかな… 今日のタイトルは 書きながら話が脱線したので こういうタイトルになりました。 環境省が使用済み 太陽光パネルから レアメタル(希少金属)や ガラスを取り出すといった 次世代リサイクル事業を

bottom of page