top of page

室温と医療費の関係

更新日:2022年9月10日


近畿大学の岩前教授のセミナーで勉強した内容になります。

[室温と医療費の関係]


[医療費を考慮した経済的な住宅断熱性能]

藤田浩司先生の論文より


室温が上がると医療費が下がる。


おぉ!いくらいくら!?


あくまで平均値で家庭によって違いますが

(心疾患・脳血管疾患以外)

男55歳1.5 女50歳1.5 子22歳1.5 子18歳3.5 


8万円/年


これはものすごくおもしろいデータだと思います。

住宅ローン35年で考えると

月6000円で200万くらいの価値になります。

(ちなみに等級6の冷暖房費シュミレーション年間5万)


各家庭がこの金額に当てはまるとは思いません。

しかしそれだけ室温が健康に影響する。

それだけの価値が断熱性能にはあるんですね。


WHO住宅と健康ガイドライン2018

では室温の温度は18℃を強く推奨する!

これはリビングだけとかではありません。

全室1日中、昨日の暖房とはってやつですね。


岩前先生のセミナー

色々と学ばせてもらいました。


ただ一つ疑問が…

新築は正直簡単に高断熱は可能です。


では既存住宅は?


リノベーションでは問題なく高性能にできます。

気密性能の向上、ちょっと難易度が高いですが…

しっかり対応が出来ます。


じゃあリフォームでは?


家の状態にもよりますが、等級2.3の家を

等級6.7にするのは困難なのではと思います。

それ以前に気密性能を上げるのが無理かと思います。

気密について今度書きたいと思います。


なので以前、リノベーションについて書きましたが、

https://www.hausukoubou.com/post/%E3%83%AA%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6

高性能な家が欲しい。でも新築は金額的に手が出せない…

そんな方はリノベーションで性能向上をさせることを

強く推奨したいと思っています。

もちろん等級4~5くらいの性能は

リフォーム工事で対応することは可能かと思います。


とにかく家の性能を向上させるこれに尽きるかと

そして補助金を上手に使うことも大切です。

何かありましたらご相談ください。相談無料でご対応致します。


高性能な家を楽しくまじめに考える!

ハウス工房ふくだ 東川 明広


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日のお問合せの 続きになります。 物価高騰は数日前に書きました。 この事実は変わりません。 現状お見積りをしても 1か月先は仕入れ単価が 変わる可能性があります。 仮に原油高が下がったり、 円安になっても おそらく現状維持か人件費を 上げるために商品単価が上がる ことはあっても下がることは ないです。 じゃあ、家を建てたいけど どうしたらいいの?となります。 そこでインフレの世の中、 これからの

先日、住宅ローンや 光熱費について お問合せがありました。 これについて書きたいと 思います。 昨今のインフレの世の中、 値上りしていない物は おそらくないかと思います。 住宅の建築コストも 2年前と比較すると 大幅に上がっています。 2割増しくらいでしょうか。 建築コストは金額が大きいため 2割のコストアップは 工務店側にも大きな痛手ですが お客様にとっては ありえないくらい苦しい物に なります

bottom of page