top of page

長期優良住宅化リフォーム推進事業


寒いですね…

外気温が7℃と

冬のような気温です。

体の感覚、衣類などが

冬仕様でなくなっているため

体の負担が大きいですね。


最近は日中が暖かいのに

室温がそこまで上がらないのは

太陽高度により

日射取得が以前より

出来ていないのが

原因かなと思います。


今年の夏至6/21

あと2月ちょいです。


今年も始まりました。

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」


中規模や大規模リフォームを

お考えの方にはぜひ

おすすめしたい

補助金になります。


昨年も数件、補助をいただき

今年も出来るだけ

活用できればと思います。


この補助金を活用するには

色々と条件があります。


①既存住宅のインスペクション

インスペクションとは

既存住宅の状況を調査し

結果を記録に残す作業になります。


②LDKの窓改修

家族が一番長くいる場所の性能を

上げることにより、光熱費削減を

目的としています。


③高効率給湯器の導入

これも同じく光熱費の削減の

ために補助金が使えます。

といっても現在の一般的な給湯器に

取替えるだけの内容です。

 

④防蟻処理

家の維持管理が

しっかりと出来ていないと

長期にわたって

住むことが出来ません。

そのためにシロアリ

対策をしてください。

 

⑤築古物件は耐震改修

築年数がS56年6月1日以前の

住宅は旧耐震基準の物件のため

耐震診断と耐震改修が必須項目に

なります。

これも④と同じく維持管理の

項目になってきます。



⑥その他

①~⑤の必須工事を行った金額に対して

別でその他の工事も補助金が出ます。


大がかりな工事ですと

浴室をユニットバスへ

外壁屋根塗装など


小さな工事だと

モニター付きインターホンの取替など


さまざまな工事が対象になってきます。


今書いた内容は昨年の

内容なので今年も大体同じ感じだと

思います。

詳細の資料が手元にないため

昨年の内容を覚えている範囲で

ご紹介しました。

内容の不備もあるかもしれませんが

かなり活用しやすい補助金になります。


ポイントは築浅物件を効率よく

リフォームすることかなと

思います。築古物件は条件にもよりますが

条件が悪い場合は建替えを推奨したいです。

その場合にも100~170万程度の

補助金活用の方法があるので

ぜひご活用ください。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

窓リノベ申請速報

ログインできませーん! とても疲れました… 久しぶりに イライラしてしまいました… 全国の皆さん、考えることは 同じですね。 電子申請サイトのアクセス集中。 わかっていましたが ここまで酷いとは… 現在もアクセス困難です。 繋がったと思えば エラーになり、 再入力するなど 様々なトラブルに 見舞われました。 申請内容も想像以上に 難易度が高く わからないことを 事務局に問い合わせても 電話が繋がら

コメント


bottom of page