top of page

雨漏り事故の多い場所


住宅の雨漏りが多い場所って

ご存知でしょうか?


これは既存住宅や

新築物件すべてにおいて

共通しています。


特に6月になると

雨漏りの修理の依頼で

お問合せが増えます。


もちろん弊社の工事した

物件ではありませんが。


先日、県内では諫早市で

木住協さん主催で

「屋根と壁の納まり施工実演セミナー」

というものがありました。


家の事故「雨漏り」をどうやったら

無くすことができるのか?

をテーマで半日、勉強を

させていただきました。


①講義では弊社でも

利用させていただいている

住宅保証機構㈱

による雨漏り事故実例の紹介


②防水紙の紹介

タジマルーフィング㈱


③対策、実践施工による講義

というものでした。


①の住宅保証機構さんの

保険事故の93%

外壁・屋根からの

雨漏りだそうです。


残りの7%が

構造関係の事故


93%の内訳として

70.9%が

外壁面・外壁開口部・バルコニー

残りの22.4%が

屋根からの雨漏りとなっています。


近年、この事故数に

大きく貢献している

建物の特徴が

軒ゼロ住宅や

複雑化した屋根の

お家になります。


これに関しては

長くなるので後日

書きたいと思います。


これらの原因の多くは

2次防水といわれている

防水紙と防水テープの

施工不良が多くの原因を

占めているみたいです。


ちなみに防水の考え方として

1次防水と2次防水というものが

あります。


1次防水とは外壁の仕上げ材

(瓦、コロニアルなどの屋根材)

(外壁材やコーキング材など)


2次防水とは屋根や外壁の

中に入ってきた雨水を

屋内に入れないようにする

防水部材のことを言います。

(アスファルトルーフィング)

(防水テープ、透湿防水シートなど)


まもりすletter 2021/2/15 

検索してもらうと

住宅保証機構さんの資料が

ダウンロードできます。


実務者として

まもりすletterは

再認識や重要性を深めるために

一度は目を通しています。


講義ではこの資料の

重要性を座学と実践で

体験しました。


防水テープは手で

圧着すれば十分ですが

この機会に圧着プレートの

施工を標準化しましょうと

いう内容で、

買えば数千円する

圧着プレートを

いただきました。



正直このletterは見たことは

あったのですが

ただ見ているだけで

深く読んでいなかったと反省。


専用の圧着プレートが

の存在は知りませんでした。


今後はひと手間かかりますが

圧着プレート施工を基本にします。


②の防水材について

明日書こうかと思います。

結構、重要な内容で

最近はYouTubeの影響が大きく、

耐久性に関心のある方が

多くいらっしゃいます。


今日はこのあたりで…


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広




閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

外張り断熱は高い?②

更新が遅くなりました… それにしても暑いですね。 今日はアウターシェードで 日射遮蔽をしつつ 窓を開けて仕事へ 出かけましたが 帰宅時は28℃近くありました。 先に帰宅している家族が 生活をしているので 多少の温度上昇が あると思いますが エアコンをつけました。 晴れた日は窓を開けても 湿度が60%以下のため 個人的には 窓を開けてもいいかなと 思っています。 後日書きたいと思いますが 梅雨前の今

外張り断熱は高い?

今日のテーマですが 少し専門的な話になるため 人によっては 面白くないかもしれません。 個人的には好きな内容なので 2部構成で記載します。 ※長くなるので、 細かい用語の解説は 省略させていただきます。 先日のことですが お客さんと話をしていると 外張り断熱の話になりました。 結構高いと聞きましたが どのくらいするのでしょうか? この問いに対する答えですが 皆さんの想像より安いと思います。 その方

工事の御見積作成について②

今日は気合を入れて 久しぶりの連続ブログ更新です。 ちなみに過去には 毎日更新をしていました。 ただいつもブログを 書く時間は 早くて1時間 平均1.5時間程度の 時間がかかっております。 ただ、ブログ読んでますと 感想をいただくと なんだか嬉しくなり 書く内容に手が抜けないと 思いつつ気持ちを込めて 書かせてもらっています。 良かったら過去のブログも 見ていただけると 有難いです。 情報は日々変

댓글


bottom of page