top of page

3省連携による住宅の省エネ化支援強化策<補助制度>

更新日:1月20日



3省連携とは

「国土交通省」「経済産業省」「環境省」

が連携して手続きを

簡略化した補助事業になります。


現在12月中旬に事務局開設予定が

伸びており

詳細は正式ではありません。


しかし今回の補助事業は

既存住宅の窓を改修しましょう!

という国からの

メッセージを感じるほど

いままでにないレベルの

補助額になります。


間違いなく

サッシメーカーさんや

サッシ専門業者さんの

業務が多忙になり

納期や対応の遅れが発生します。


また一年前に

YKKさんのAPW330の

納期が2か月待ち

APW430も納期が

数週間待ちなど

そういった事態になることが

予想されます。


では今回の補助事業は

どんな内容なのか

現在の情報ですが

発信していきたいと思います。


詳細はお問合せいただければ

個別に資料を無料で

配布いたします。

(資料は性能向上リノベの会様から)

※ブログには添付しません。


と言っても似たものをURLにて

貼り付けます。

詳しくはYKKさんのホームページにて


いかがでしょうか?

一般の方は見ても

わかりにくいかもしれません。

ぜひお問合せ下さい。

おそらく年度末前には

窓メーカーさんの

対応が遅れ出します。


既存住宅の窓改修には

種類があります


「ガラス交換」

「内窓」

「外窓取替カバー工法」

「外窓取替はつり工事」


個人的におすすめなのが

「内窓」になります。

費用対効果が高く

本当に家の性能が上がります!


今回の補助金で

「住宅の断熱性能向上のための先進的設備導入促進事業等」

を活用すると

最大で200万の補助申請が可能になり

内窓設置は

条件にもよりますが

※半分以上の補助が国から支給されます。

(※詳細はお問合せください)


今日も用事があって

以前内窓を設置したお客様宅へ訪問。

たしかに内窓した部屋と

していない部屋はかなり違う!

とおっしゃてました。


現在も補助金を

活用した案件が進行中です。

「長期優良化リフォーム推進事業」

これも家の性能を上げてリフォームすると

補助金が最大200万出ます。


今日は補助金のさわりだけ話しました。


明日以降に具体的に各補助金について

ご紹介できればと思います。


高性能な家を楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page