top of page

24時間換気について

連休中に24時間換気のお手入れを

しました。

自宅では「sumika」 という

第一種換気を採用しています。


24時間換気について

何がいいのか、かなり悩んだり

調べたりしましたが

何が正解なのかはわかりません。


住まい手(家主さん)によって

違ってくるのかなと思います。

また、家の性能や工法によって

も違ってきます。


2003年に建築基準法の改正により

24時間換気が義務化されました。


義務化の背景には近年の高気密化が

関係しており、高気密化によって

住宅の快適性が高くなりました。


高気密化によって

建材などに使用される

化学物質やハウスダスト

によってさまざまな症状を引き起こす

「シックハウス症候群」という

症状の対策のために

「1時間あたり0.5回以上」

の換気設備を採用しなければ

なりません。


現在は新建材に含まれる

ホルムアルデヒドなどの

化学物質は従前より

かなり改善されています。


例えばクロスに使用される

接着剤は職人さんいわく、

昔は目が「ちかちか」していたらしく

現在は全くなくなったというくらい

感覚的に違うみたいです。

あくまでも個人差があるとは

思いますが。


個人的にはクロスの張替や

新規で貼った後の独特の「におい」

がする期間が少なくなっている気がします。

今は感覚的に数日もすれば

「におい」はなくなるのかな

と言う感じです。


住宅に採用される換気方法の

種類として

「第一種換気」と「第三種換気」

に分類されます。


細かいことをいうと

ダクトレスやダクト有りがあり

さらに全熱交換式や

顕熱交換式などあります。


他にもどのメーカーがいいのか?

など悩む要素がたくさんあります。


「第一種換気」とは

機械によって強制的に排気と給気を

行います。


「第三種換気」

機械によって強制的に排気をし

給気は機械ではなく自然に取り入れる

方法になります。


高気密高断熱でエアコンを1~2台で

全館空調を採用する場合は

第一種換気が無難かなと思います。


一種でも三種でもお手入れが

非常に大切です。

面倒かもしれませんが

定期的な掃除、フィルター交換を

することを推奨します。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広


閲覧数:35回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ダニ対策まだ間に合います。

更新が遅くなりました… 最近少しづつ 窓改修や夏の暑さ対策の 依頼が増えてきています。 夏の暑さは窓の外で 日差しを遮ることで 大幅に改善されます。 後は天井の断熱材を 厚くする。 天井の気流止めも大切です。 いよいよ梅雨に入ります。 梅雨に入る前に寝室など ほこりやダニが発生しやすい 部屋の掃除をされることを おすすめします。 ダニは20℃~30℃ 湿度が65%あたりになると 繁殖に適すると言わ

外張り断熱は高い?②

更新が遅くなりました… それにしても暑いですね。 今日はアウターシェードで 日射遮蔽をしつつ 窓を開けて仕事へ 出かけましたが 帰宅時は28℃近くありました。 先に帰宅している家族が 生活をしているので 多少の温度上昇が あると思いますが エアコンをつけました。 晴れた日は窓を開けても 湿度が60%以下のため 個人的には 窓を開けてもいいかなと 思っています。 後日書きたいと思いますが 梅雨前の今

外張り断熱は高い?

今日のテーマですが 少し専門的な話になるため 人によっては 面白くないかもしれません。 個人的には好きな内容なので 2部構成で記載します。 ※長くなるので、 細かい用語の解説は 省略させていただきます。 先日のことですが お客さんと話をしていると 外張り断熱の話になりました。 結構高いと聞きましたが どのくらいするのでしょうか? この問いに対する答えですが 皆さんの想像より安いと思います。 その方

コメント


bottom of page