top of page

建築雑談


先進的リノベの補助金

の認知度が一般の方にも

されているのか

お問合せが増えてきています。


その多くの方が

しっかりと勉強をされていて

または相見積もりの依頼なのか

わかりませんが、

的確な写真を添付しての

依頼や条件などを

指定してこられます。


週末に工務店仲間とも

話をしていましたが

情報のみ聞きに来る

お客様やとにかく安く!

〇〇はいくらけど

お宅はいくら?

と問い合わせがあるみたいで…

対応に追われる

パターンがあるみたいです…


工務店業界も意外と

繋がっているので

情報の共有が出来ている

部分があります。


幸いにも今のところ

弊社にはそこまで

悪質なお問合せが

ないのかなと思っています。


たしかにお問合せがあるのは

有難いのですが

こちらも電話やメール対応、

御見積りの作成に

時間や知識、経験が必要で

どんなに小さな工事の御見積でも

最低でも2~3時間以上の

時間がかかります。


かといって、契約できる物件か

どうかはわかりません。


なので金額だけではなく、

提案力、対応の良し悪しなど

トータルでご判断いただければと

思っています。


私の考え方は、

人に良くしてもらったら

それ以上に良くしてお返しする。

ネット社会ですが、

人間同士の付き合いです。

フィーリング?というか

心の通ったお付き合いを

していきたいなと

思っているので、

お問合せいただいた内容に対して

「無理です」や「できません」や

「なんとかんるやろ」という

適当な対応はしておりません。


条件によっては事務局に問い合わせて

補助の対象になるのか?

どうしたらお客様にとって

ベストな方法か?

納まり等を考えて

ご回答をしています。


いくら補助金が大きく出ても

安い買い物ではありません。


時にはメンテナンスや

不具合の調整など

対応が必要になってきます。


価格のみの判断は

ついやってしまいがちですが

トータルで判断していただけると

ありがたいなと思っています。


どの業種でも同じかと思いますが

これからの時代は「心」が

大切な時代になってくるかと思います。


建築業界では現在、人材不足が深刻です。

特に2030年頃から

さらに加速するのでは

と思っています。


そんな時代にわざわざシビアな方と

お付き合いをする必要はなく

心の通った丁寧なお付き合いが

出来ればと思っています。


今日は建築と関係のない話を

だらだらと書いてしまいました。


今日はこの辺りで失礼します。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広




閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

大工さんの担い手問題

暖かい日が続いていますね。 移動中のラジオで大工さんの 話題が流れてきました。 かなりリアルな内容だったので 書きたいと思います。 2020年国勢調査の報告 大工さんの人口が約30万人 過去20年間で約半分まで減少 1990年の15~19才 大工さん人口は1万6,700人 2020年は2,100人 現在の30才未満は全体の7%未満 65才~69才は全体の16% このような情報を聞いたときに とても

あるお問合せに対する回答と本音

お知り合いの方に お問合せというか 質問を受けたので 書いてみようかなと思います。 話を聞くと、その方はある程度 高性能な家づくりを されている会社さんに お仕事を依頼されているそうで たまたま、お会いした際に 工務店さんに質問をしたら こう言われたけど、どう思う? とのことでした。 その時点で少し不信感を 抱いている?のかなと思いました。 しかし工務店さんにお願いすると 決めている方に それは違

bottom of page