top of page

HEAT20 G2 (断熱等級6)でいいのか?


今日は屋根断熱について書こうと

思いましたが、先日、

G2グレード(断熱等級6)の

新築住宅について

お問合せがあったため

ご参考になればと思い、

書いてみます。


ちょっとだけですが

マニアックな話になりますが

断熱性能について

興味がある方に

参考になれば幸いです。


結論から書きます。

あくまで個人的見解です。


付加断熱なしの

断熱等級6は見直しが必要です。


ちなみに付加断熱なしの

断熱等級6が悪いとは思いません。

むしろ今後の家の資産価値として

最低限のレベルだと思います。


等級6や7がやりすぎという意見も

あるみたいですが、

そんなことはありません。


自宅が断熱等級6ですが

1年ちょっと住んでみて、

冬を2シーズン経験している最中。


体験者の意見なのである程度正確だと思います。


以前も書きましたが

前真之先生 (准教授)

東京大学大学院 工学系研究科

のセミナーで断熱等級6の全館空調は

次世代省エネ(断熱等級4)の間欠空調と

電気代(光熱費)が同じくらいだと

計算結果を元に話されていました。


これを聞いたとき、私はかなり

腑に落ちて、しっくりきた

感じを今でも覚えています。


ランニングコスト(光熱費)を

押さえて、かつ快適な家づくりを

するには付加断熱をし、

断熱等級6以上にしなければ

難しいと思います。


ご予算もありますが

後から出来る工事

(水回りのグレードや内装など)

優先順位を下げてでも

付加断熱をやるべきだと思います。

家の資産価値、長期的な光熱費を

考えるとランニングコストで

回収が可能です。


断熱等級6で全館空調をすると

冬場は思っていたよりも

光熱費が掛かります。

最近はエアコンの調整方法などを

コツを覚え、値上りした電気料金でも

先月の光熱費は

一昨年の同じ月とほぼ同じでした。


等級6でも快適ではありますが

少し物足りない感じを受けます。


朝方、エアコン1台で

20℃くらいだと、もうちょっと

欲しいなと思います。


日中、日射取得があると

無暖房でも快適で

外気温が0℃近くでも

夜は床下エアコン1台で

室温が22℃以上を確保しています。


いかに日射取得が大切か。

設計段階でのプラン作成が

大切です。


しかし朝方は外気温によって

室温は下がります。

これが付加断熱なしの

等級6の弱点ですね。


薄くてもいいので付加断熱は

やる価値はあると思います。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広




閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ダニ対策まだ間に合います。

更新が遅くなりました… 最近少しづつ 窓改修や夏の暑さ対策の 依頼が増えてきています。 夏の暑さは窓の外で 日差しを遮ることで 大幅に改善されます。 後は天井の断熱材を 厚くする。 天井の気流止めも大切です。 いよいよ梅雨に入ります。 梅雨に入る前に寝室など ほこりやダニが発生しやすい 部屋の掃除をされることを おすすめします。 ダニは20℃~30℃ 湿度が65%あたりになると 繁殖に適すると言わ

外張り断熱は高い?②

更新が遅くなりました… それにしても暑いですね。 今日はアウターシェードで 日射遮蔽をしつつ 窓を開けて仕事へ 出かけましたが 帰宅時は28℃近くありました。 先に帰宅している家族が 生活をしているので 多少の温度上昇が あると思いますが エアコンをつけました。 晴れた日は窓を開けても 湿度が60%以下のため 個人的には 窓を開けてもいいかなと 思っています。 後日書きたいと思いますが 梅雨前の今

外張り断熱は高い?

今日のテーマですが 少し専門的な話になるため 人によっては 面白くないかもしれません。 個人的には好きな内容なので 2部構成で記載します。 ※長くなるので、 細かい用語の解説は 省略させていただきます。 先日のことですが お客さんと話をしていると 外張り断熱の話になりました。 結構高いと聞きましたが どのくらいするのでしょうか? この問いに対する答えですが 皆さんの想像より安いと思います。 その方

Comments


bottom of page