top of page

HEAT20G3の仕様について

更新日:2022年9月30日

弊社はG3の仕様の対策もできています。

というか、断熱について研究していると

正直、そんなに難しいことではありません。

付加断熱は必須になります。

現在、付加断熱なしでg2レベルは可能なので

将来的にリフォームで性能を上げ、

G3にすることは可能と思います。

自宅が付加断熱なしでG2なので、

将来リフォームで必ずG3にしたい

と思っています。

お金があれば今すぐにでもしたい…


リノベーションでも新築と同様でG3は

できますね。


では、リフォームではどうなのか?

現状の技術では 等級4程度な

らできるかと思います。

しかし、気密性能を上げるのが

リフォームでは困難ですね。


なので、できるだけ補助金を

利用し、性能向上リノベーション

をやることをお勧めします。

リフォームとリノベーションの違いは

以前、ブログに書いています。


話は少しずれますが、

何度も書いてすみません。

最近、台風での修理の依頼が

すごく多いです。

現地調査に行くと、正直、無断熱

住宅がほとんどです。

そして皆さん我慢して、

というか、冬は寒くて結露

が当たり前のこと。

夏は暑いから、でもしょうがない。

そんな暮らしが当たり前な感覚。


高断熱高気密で冷暖房計画をやると

ものすごく快適です。

勉強すればするほど無断熱住宅の

恐ろしさがわかってきます。


売り込みは全くさしませんが、

可能なら補助金使って、

家の性能を上げましょう!

とお客様と話をしています。

それは儲けようとかの考えはなく

実際に暮らしが豊かになり、

ランキングコストが安くなるので

その快適さを実感して欲しいです。


実際に快適になったと

言ってくださるお客様

本当に売り込みや

儲けたい精神はないので

ご安心下さい。


光熱費を安くすることが

自分にできるSDGsと

思いながらこれからも

発信していきます!


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

梅雨時期の湿度管理が難しい…

先週ですが 新築住宅の引渡しが完了しました。 いつも思うのが 引渡しが終わると とても寂しい気持ちになります。 リフォームも同じで 短期間でも形の残るお仕事です。 リノベーションや 新築では引越しが付き物です。 基本的に引越しのお手伝いまで 工事の一環として やらせてもらっております。 また、引渡し後に 壁にフックや鏡、 壁付扇風機などを 付けたいとうご要望も 私の方で無償で させていただいて お

ダニ対策まだ間に合います。

更新が遅くなりました… 最近少しづつ 窓改修や夏の暑さ対策の 依頼が増えてきています。 夏の暑さは窓の外で 日差しを遮ることで 大幅に改善されます。 後は天井の断熱材を 厚くする。 天井の気流止めも大切です。 いよいよ梅雨に入ります。 梅雨に入る前に寝室など ほこりやダニが発生しやすい 部屋の掃除をされることを おすすめします。 ダニは20℃~30℃ 湿度が65%あたりになると 繁殖に適すると言わ

外張り断熱は高い?②

更新が遅くなりました… それにしても暑いですね。 今日はアウターシェードで 日射遮蔽をしつつ 窓を開けて仕事へ 出かけましたが 帰宅時は28℃近くありました。 先に帰宅している家族が 生活をしているので 多少の温度上昇が あると思いますが エアコンをつけました。 晴れた日は窓を開けても 湿度が60%以下のため 個人的には 窓を開けてもいいかなと 思っています。 後日書きたいと思いますが 梅雨前の今

Hozzászólások


bottom of page