top of page

先進的窓リノベ2024事業の詳細


先進的窓リノベ2023

昨年の12月工事分の

補助金の返金が本日完了。


「住宅省エネ2023キャンペーン」

はすべての日程が終わりました。


今年は総予算が増えていますが

昨年のような盛り上がりは

無いのかなと思います。


今回は「窓リノベ2024」について

少し書いてみます。


上の添付資料が対象工事の内容です。


今年のおすすめは


1.外窓交換 「はつり工法」

      「カバー工法」


2.ドア交換 「カバー工法」

      「はつり工法」


3.内窓設置


この3つかなと思います。


ガラス交換も補助額が

アップしましたが

窓枠がアルミの場合は

基本的に他の方法を

検討されてください。


費用対効果が

良いとは言えません。


気になる補助額ですが

下の資料になります。





外窓交換「はつり工法」

活用しやすい事例


1.お風呂の取替のついで

2.リノベーション

3.和風の家


基本的に外壁と内壁を

改修しないといけないので

意外と大変な工事になります。


1~3は「はつり工法」での

工事が適していると思います。


状況にもよりますが

和風の家は納まりの関係で

内壁の工事が安価で

済む場合があります。


昨年と同じ補助額なので

SSグレード又は

Sグレードの対象製品を

ご活用ください。


ちなみにSSグレード対象製品ですが

基本的に樹脂窓で

トリプルガラスダブルLow-eを

採用する必要があります。


補助額が大きいので

サイズ感や仕様を調整することで

商品代-補助金=おつり出ます。

※工事費は別途です。



外窓交換「カバー工法」の注意点



1.窓周り(屋内外)に障害物が無い。

※多少は何とかなります。


2.開口面積が小さくなる。


3.掃き出し窓は段差が出来る。


1~3の注意点をご理解いただければ


今年は特におすすめです。

補助額が増えています。


商品代と工事費の半額相当の

ご負担で高性能な窓になります。


ちなみにですが

YKKさんのHPには商品紹介動画が

たくさんあります。



基本的に既存窓の解体が無く

今ある雨戸も再利用できます。

ただ樹脂窓の場合は

色々と制限があります。


昨年もカバー工法で

樹脂窓の工事を

させていただきました。


比較的施工の条件が良かったので

樹脂窓を採用しましたが

条件次第では

樹脂窓が採用できません。


今年はYKKさんが樹脂窓カバー工法の

問題点を解決するため

新商品を発売


フレームはアルミ樹脂複合ですが

障子は樹脂サッシです。


Aランクの補助枠の取得が

可能になります。






今日は外窓交換のご紹介しか

できなかったので

次回は「2.ドア交換」

ご紹介したいと思います。


高性能な家づくりを

楽しくまじめに研究する!


ハウス工房ふくだ

東川 明広



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page