top of page

訪問業者さんの良い悪いの見極め方。

台風が過ぎ去り、

修理の依頼が増えてきています。


訪問業者さんの見分け方を書きたい

と思います。


先日ご相談を受けた話です。

台風被害で修理、保険の手続きを

ご相談された際に


「最近。訪問業者さんに何度か

外壁(杉板)のしみなどを

指摘され、早急に対応しないと

大変なことになる」


「これ本当ですか?」とのことでした。


目視で判断する限り

正直、気にはなりますが

お客様を不安にさせてまで

急いでする工事かな?とも思いました。


その後、梯子をかけて

しっかりと調査をしました。

もちろんしないよりは補修した方がいい。

けど下地はまだ極端に劣化して

いないようにも感じます。


個人的に、お客様をあおる?と言うか、

急がせたり、不安にさせたり

今月中に契約してとか、

どうかな?と、思います。


「鉄は熱いうちに打て」

と言いますが、ビジネスでも

時には必要かと思います。


しかし、修理やメンテナンスなど、

しっかりと調査をし、

お客様のお考え、ご要望を把握。

そこまでやって、

プロとしての意見、見解を含めて

トータルで判断する。

こっちの方が良心的だと思います。


お客様と訪問業者さんとのやり取りを

訳あって詳細はまだ聞いていないのですが

やはり、これから先はとくにお家の修理や

メンテナンスを任せられる業者さんの

見極めをしていくことが大切ですね。


あとはその会社さんの施工実例を

実際に見せてもらうことが出来るか?


これが可能な会社さんは

お客様との信頼関係が良好な証だと

思っています。


ただ最近のコロナ事情もあるので、

なかなか難しかったりもします。

しかし自社のモデルハウスではなく、

お客様の声が聞けるのは信用度が

高くなると思います。


あと自社で基本的に工事を行っているか?

なども大切になってきます。


全て外注任せだと、なかなか管理が難しいですね。


こんな感じでポイントを紹介してみました。

少しでもご参考になればと幸いです。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

新年度スタート2024年問題

ここ数日で一気に 暖かくなり 日射取得が 不要な季節になりました。 これからは日射遮蔽といい 窓からの日差しをどう遮るかが ポイントになる季節です。 特に家の断熱気密性能が高いと 晴れた日は26℃~30℃になります。 実際に自宅では 20時ごろに帰宅すると 26℃を超えていました。 この時期は太陽高度の関係で 庇では日差しを遮ることが 困難なため、外付けシェードなどが おすすめです。 高性能住宅を

太陽光パネル、国がリサイクル事業者認可+省令準耐火について

寒暖差が激しいですね… 季節が1か月以上 早まっている気がします。 ここ数日体調不良です。 熱は無く、のどの痛み、鼻水、 くしゃみ、せき、頭痛 検査はしていませんが 人生初の花粉症とのこと。 内心、ホントかな… 今日のタイトルは 書きながら話が脱線したので こういうタイトルになりました。 環境省が使用済み 太陽光パネルから レアメタル(希少金属)や ガラスを取り出すといった 次世代リサイクル事業を

Comments


bottom of page