top of page

リフォームとリノベーションの違いについて

更新日:2022年9月10日



リフォーム」とは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。


「リノベーション」とは、住まいの性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることをいいます。


例えば壁付けキッチンを対面にしたり、間取りを変更して部屋を広くしたり、

壁紙の張替など これらはリフォーム工事になります。

業者さんによっては大規模なリフォームのことをリノベーションと宣伝している業者さんも

いらっしゃるみたいなので、注意が必要になります。


温熱環境の改善、耐震性能の向上、耐久性の向上など

家の性能を向上させることが「リノベーション」といいます。


こんな方にはリノベーションをお勧めしています。

 

①住宅価格の高騰で建替えを断念された方


②子育て世代の方で、中古住宅を購入して、使いやすさと新築以上の性能を求める方


③定年後にご夫婦だけの暮らしを楽しむため、健康で快適な家にしたい方


新築より安く性能のいい住宅の取得が目指せます。さらに補助金も活用しましょう!


ではどんな家がリノベーションに適しているか?

ここが大事だと考えています。


このポイントをしっかり把握しないと大変なことになります。

弊社では建て替えとリノベーションの明確な基準を設けています。

中古住宅を探されている方、建て替えかリノベーションか迷われている方が

参考にしてもらいたいことトップ3をご紹介します。


他にもたくさんの判断基準があります。

ここではわかりやすい一部のご紹介です。


あくまで個人的な意見ですので、批判はしないでいただけると幸いです…


第3位 築年数を調べる! 出来れば家の図面が残っている物件


特に中古物件を探している方、参考にしてください。

昭和56年6月以降の建物は新耐震という基準で施工されているはずです。

長くなるので今回は詳しく書きませんが耐震性や補助金の利用に影響が

出てきます。もちろんそれ以前の建物でもしっかりとした家もありますが

簡単な判断材料の目安にしてもらいたいです。


第2位 災害区域の確認をしましょう!


不動産の価値を左右します。何よりも住まわれる方の生命、財産が大切。

ハザードマップでの確認、役場で確認もできます。

あくまでも目安です。災害が起きて問題ないかもしれません。

逆に災害区域外でも被災する可能性もあります。

土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)は規制が厳しいので要注意です。

不動産の売買の際は説明する義務の一つになっています。

後から聞くより、先に自分で調べておく方が色々と判断できるので安心です。

あと補助金にも影響が出てきます。


第1位 インスペクションは必ずやりましょう!


中古物件の購入やリノベーションをやる際は必ずやることが大事です。

「インスペクションって何?」

 

正式には既存住宅状況調査技術者 


建築士の資格をもつ専門の検査員が、第三者的な立場で、目視、動作確認、聞き取りなどにより「住宅の現状の検査を行うこと」をいいます。


調査、報告書作成などトータルの費用相場が5~7万円が一般的。

でも「調査して悪い結果だったら買いたくないし費用も無駄になるし…」

そんな声が聞こえてきます。

なので中古住宅を購入される方は必ず既存住宅状況調査技術者の資格を持つ

方と一緒に探してください。


いかがだったでしょうか?少しでも参考になればと思います。








既存住宅状況調査技術者の東川明広でした。


ということでリノベーションを検討されている方


中古住宅のお探しの方


リフォームでの現地調査をしっかりとしてもらいたい方


基本的に現地調査は無料で行います。


経験の浅い営業マンや無資格のベテラン営業マンに大切な家「財産」

の調査をお願いしますか?

プロとして、長く安心して快適な暮らし

そんなすまいづくりのお手伝いが出来ればと思います。


高性能な家を楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川明広











閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日のお問合せの 続きになります。 物価高騰は数日前に書きました。 この事実は変わりません。 現状お見積りをしても 1か月先は仕入れ単価が 変わる可能性があります。 仮に原油高が下がったり、 円安になっても おそらく現状維持か人件費を 上げるために商品単価が上がる ことはあっても下がることは ないです。 じゃあ、家を建てたいけど どうしたらいいの?となります。 そこでインフレの世の中、 これからの

先日、住宅ローンや 光熱費について お問合せがありました。 これについて書きたいと 思います。 昨今のインフレの世の中、 値上りしていない物は おそらくないかと思います。 住宅の建築コストも 2年前と比較すると 大幅に上がっています。 2割増しくらいでしょうか。 建築コストは金額が大きいため 2割のコストアップは 工務店側にも大きな痛手ですが お客様にとっては ありえないくらい苦しい物に なります

bottom of page