top of page

樹脂窓か?アルミ樹脂複合窓か?その①

更新日:2022年9月10日



みなさん感覚的にだいたい感じてはいらっしゃるかと思います。

冬場の窓の恐ろしさ…


先日とある実験を行っている会社へ行きました。


外気温1度 室内温度25.5 屋内湿度45.7 


冬では1~2月の寒い日を想定で窓の性能を計測しました。


屋内の窓のフレームの表面温度 ガラスの表面温度をご紹介します。


既存住宅でまだまだ多い、アルミサッシで1枚ガラスの性能です。


フレーム温度17.5℃ ガラス温度14.4℃  


フレームもガラスもはびっしょり… これが冬の住宅事情です。


あくまで室温が温まった部屋での測定です。

これが温まっていない部屋だとかなり下がります。


次にアルミサッシにペアガラス


個人的な感覚ですが、新築では5.6年前までは一般的な仕様でした。


フレーム温度は17.5℃ ガラス温度が19.3℃まで上昇


結露はフレームとフレーム周りのガラスが結露していました。


次にアルミ樹脂複合サッシ。ガラスはLow-e複層ガラス

Low-e複層ガラスとはガラスの内側に金属膜が

コーティングしてある商品です。

細かいことを言うとLow-eにも種類があり

断熱タイプや遮熱タイプがあります。

方角や用途に別に使い分けすることがかなり大事になります。

使い分けなど、知らない業者さんもいるので注意が必要です。












感覚的に現在7割くらい新築がこれかなーて思います。


フレーム温度19.2℃ ガラス温度21.9℃


次に樹脂サッシです。当社もこれを標準にしてます。


もう商品名を書きますね。


APW330 ガラスはペアのLow-eガラス(アルゴンガス入)になります。


フレーム温度22.3℃ ガラス温度22.3℃


真冬や真夏、窓のそばに立つと世界が変わります!


次にAPW430 ガラスがダブルLow-eトリプルガラス(アルゴンカス入)


フレーム温度22.3℃  ガラス温度23.2℃


ガラスが1℃上昇し樹脂のフレーム温度を超えてきました。


当社は東西北面はAPW430 南面はAPW330を標準にしています。


トリプルガラスは正直お高い商品です。窓が大きくなれば

当然のように高くなります。

しかし長崎は6.7地域で(断熱地域区分)で基本的に暖かい地方

南面は冬場の日射取得(太陽エネルギー取得)が大切なので

ペアガラスが良いと考えています。

…じゃあ夏どうすんの!?て聞こえそうですね。


ご安心ください!基本的に夏は日を入れない対策

日射遮蔽をしっかり計画します。


逆に東西北面は出来る限り窓を小さくすることで

トリプルガラスにしても大きく金額は上がりません。


ということで800文字を超えたので

今日はこの辺りで失礼します!

毎日ブログ更新継続中です。

やれば出来るもんですね!

樹脂窓のこと、もう少し語りたいと思います。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広




















閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんばんは。 たまたまネットニュースで 目に留まり、ブログのネタに してみました。 ちなみにAM3時半 現在の外気温がマイナス1℃ LDKの室温が20.7℃ 今日もかなり冷え込んでいます。 都道府県別電気料金の 値上がりランキングと いう記事がありました。 九州は現在、佐賀県玄海市の 玄海原子力発電所の3号機と 鹿児島県の川内原子力発電所の 1号機と2号機が稼働しているみたいです。 その影響もあり

今日は屋根断熱について書こうと 思いましたが、先日、 G2グレード(断熱等級6)の 新築住宅について お問合せがあったため ご参考になればと思い、 書いてみます。 ちょっとだけですが マニアックな話になりますが 断熱性能について 興味がある方に 参考になれば幸いです。 結論から書きます。 あくまで個人的見解です。 付加断熱なしの 断熱等級6は見直しが必要です。 ちなみに付加断熱なしの 断熱等級6が

こんばんは。 更新が少し遅れましたが 土曜日の分のブログを 書きたいと思います。 床の断熱工法について 基礎断熱編です。 基礎断熱工法の種類は 大きく分けて 基礎外断熱 基礎内断熱 の2種類があります。 基礎外断熱 メリット 熱橋が少なく断熱効果が高い。 熱橋とは文字通り熱の橋。 基礎コンクリートの 外側を断熱材で包みこむので 外気に触れる部分が基本的に 無くなるため、外気の熱が 伝わる部分(橋)

bottom of page