火災保険について

更新日:10月2日

皆さん火災保険には加入されていますか?

10月から保険料率の改定になります。

今回は大幅な値上げへ

また、長期の保険(10年保険がなくなります)


保険の切替時期の方は検討されるとよいかと

思います。


弊社でもお付き合いのある保険会社があります。

家を作ったり、修理したりが仕事ですが、

家を保険守るお手伝いもやっています。


話がそれました。


では具体的にどのくらい値上げなのか?

https://diamond-fudosan.jp/articles/-/1110124


①火災保険料の値上げ


M構造「マンションなど」

T構造「鉄骨、RC造、一部木造も該当」

H構造「木造など」


構造やプランによっても違ってくるそうですが、

長崎は木造新築で5%程度

築15年の木造で11%

築15年以上~不明年数の建物で10%程度

の値上げが予定されています。

大阪などは30%程度値上げなど

都道府県で率が違うみたいです。

詳細は保険会社さんが詳しくご説明

してくれると思います。

お付き合いのある保険会社様へ

相談されてください。


②契約期間の短縮


現在、最長で10年契約ができます。

実際に弊社で今月工事を行うお客様が

昨日、10年の保険を締結しました。

ギリギリセーフですね。


来月からは最長が5年

これも値上げと同じです。

どういうことかというと、

災保険には、「長期割引」という

割引制度があり、これは、契約期間が

長ければ長いほど、保険料が割り引かれる

というもの。1年契約を10回更新した場合

(その間値上げがない前提)と、

10年契約一括払いとでは、

後者の方が保険料が18%割安になります。


契約期間が短くなると、

割引率も悪くなり、現在、5年長期割引の

割引率は約14%なので、

10年の長期契約をしている場合からすると

割引率がおよそ4%も下がるということに。


③自己負担額(免責金額)の引き上げ


損保会社大手4社では、この10月に、

自己負担額の最低金額を改定して

大幅に引き上げるとしている。

「いままでは自己負担額を、

0円・1万円などお客様が選べましたが、

一律5万円に引き上げます」とのことです。


この内容からすると、今後も値上げが

進んでいくと思われます。


個人的には今後、5年契約も

無くなるかと思っています。


昨今の自然災害は年々激しくなっています。

原因の一つとして温暖化が影響しています。

なので私たちに出来ることは

省エネルギーでランニングコストを下げる

家づくりを進めていかないといけません。

それは新築ばかりでなく、既存住宅を

いかに性能を上げるか?

これが大切です。

未来の子供たち、孫世代へ、

少しでも地球環境の悪化を遅らせるためにも

自分たちが出来ることを発信していきたいと思います。


高性能な家づくりを楽しくまじめに研究する!

ハウス工房ふくだ 東川 明広




閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は補助金について 書きたいと思います。 10月末に1件の 性能向上リノベーション工事を 終えて、ひとまず 補助金の完了報告まで 終えました。 まだ正式な金額では ありませんが 110万ちょっとの 補助が許可されそうです。 この補助金の受付が 7月に終了したのですが 本日事務局より12月5日より 受付が再開されますと 連絡がありました。 詳細がまだわからないのですが おそらく予定されていた申請の

おはようございます! 現在AM7時 外気温9℃ 室温22.8℃ 相対湿度48% この秋初めて外気温が一桁に なったかと思います。 今のところまだ、暖房は 不要です。 日中も日射取得すると 室温は26℃を超えていきます。 今日のテーマも 新築でもリフォームでも 役に立つと思います。 システムキッチン編です! システムキッチンも メーカーさんによって グレードが2~4商品あります。 標準グレードと高級